名古屋FWジョーが24得点でJ1得点王に。最終節はPK2本でチームを残留に導く

2018年12月01日(Sat)16時14分配信

photo Getty Images for DAZN
Tags: , , , ,

ジョー
名古屋グランパスのジョー【写真:Getty Images for DAZN】

 明治安田生命J1リーグの最終節となる第34節の試合が1日に各地で開催された。名古屋グランパスのブラジル人FWジョーは今季のゴール数を24点に伸ばし、J1得点王に輝いた。

 最終節を迎えた時点で、現実的に得点王を争う状況にあった選手は2人のブラジル人ストライカー。名古屋のジョーが22ゴールで首位に立ち、サンフレッチェ広島のパトリックが2点差の20ゴールで追っていた。

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を懸けて広島が北海道コンサドーレ札幌と対戦した試合にパトリックは交代出場したが、無得点で終了。一方、湘南ベルマーレと対戦した名古屋ではジョーがPK2本による2ゴールを記録した。2-2のドローで終えた名古屋はJ1残留も確定させた。

 今季から名古屋に加入したジョーは、昨季のブラジル全国選手権に続いて自身2年連続のリーグ得点王。名古屋の選手がJ1得点王となるのは2003年のウェズレイ、2010年および2011年のジョシュア・ケネディに続いて7年ぶり4回目となった。

 ジョーとパトリックに次ぐ得点ランク3位はガンバ大阪のFWファン・ウイジョ(16点)。浦和レッズのFW興梠慎三と川崎フロンターレのFW小林悠が15点で日本人選手最多だった。

【了】

Comments

comments

新着記事

FChan TV

↑top