鹿島、衝撃の4失点完敗を意味のある敗戦に。南米王者リーベルから学ぶべき勝利へのこだわり

現地時間22日に行われたFIFAクラブワールドカップの3位決定戦、鹿島アントラーズは0-4で南米王者リーベル・プレートに敗れた。終盤までゴールに迫り続け、大量得点を奪ったアルゼンチンの強豪と、チャンスを作りながらゴールネットを揺らせなかったアジア王者との間にはどんな差があったのだろうか。(文:編集部)

2018年12月23日(Sun)12時43分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

鹿島、南米王者に屈する

鹿島アントラーズ
鹿島アントラーズはクラブワールドカップの3位決定戦で南米王者リーベル・プレートと対戦した【写真:Getty Images】

 完敗だった。鹿島アントラーズがアジア王者として挑んだFIFAクラブワールドカップは、準決勝でレアル・マドリーに1-4で敗れ、3位決定戦は南米王者リーベル・プレートに0-4という衝撃的な結末だった。

 2年前の同じ大会では決勝進出を果たし、そこでマドリーに2-4と肉薄したことで世界との差は縮まったかのように思われていた。だが、今回改めて突きつけられたのは、相変わらずはっきりと存在する欧州や南米のトップレベルとの歴然たる差だ。

 22日に行われた3位決定戦は、なかなかモチベーションを保ちにくい条件が揃っている。ともに直前の試合に敗れて、タイトルがかかっているわけでもなく、自国の多くの同業者たちが休暇に入っている時期に、過密日程の中で未知の相手と対峙する。

 ところが南米王者リーベルからは、やる気のなさやテンションの低さは感じられない。準決勝のアル・アイン戦で起用された一部の各国代表クラスのメンバーはベンチに座ったものの、代わりに抜擢された選手たちが奮闘。これから代表クラスになっていくであろう若手や、歴戦のベテランたちがスタメンに名を連ねていた。

 鹿島にとっては序盤から嫌な雰囲気が漂っていた。飛び出した際に相手選手と接触した守護神のクォン・スンテが右足甲を早々に痛めてしまい。24分に曽ヶ端準と交代を余儀なくされる。もともと一度は「バツ印」が出ながら痛みをこらえて左足でプレーするなど工夫していたが、それも15分ほどで限界に達してGKに交代カードを1枚使わなければいけなくなってしまった。

 そして、この交代の直後のコーナーキックでリーベルに先制点を奪われてしまう。入ったばかりの曽ヶ端は1タッチもしないまま、一瞬の出来事に立ち尽くした。これが試合の流れを決定づけることになる。

1 2 3

新着記事

↑top