権田修一、アジアカップ決勝Tでもブレない姿勢。「普段やっているプレーを出す」

2019年01月19日(Sat)22時30分配信


Tags: , , , , , , , , , , ,

権田修一
権田修一【写真:Getty Images】

 UAEで開催中のアジアカップで2大会ぶりの優勝を目指す日本代表は19日、21日に対戦するサウジアラビア戦を前に練習を行なった。

 1戦目のトルクメニスタンと2戦目のオマーン戦で先発出場した日本代表GK権田修一は負けたら終わりの決勝トーナメントについて「僕らは基本的にどの試合でも負けたら終わりという気持ちでしたし、その中でそういうプレッシャーも今度はここからトーナメントになったらよりかかってくると思うんですけど、勝つためにできる準備をまずはして、試合にまずは良い状態で臨んで、その試合でしっかり勝って、ここからは1個1個登っていくしかないので、とにかくまずは最初サウジアラビアに勝てるように、今は良い準備をしたいと思います」と話した。

 過去にアジアカップでは川口能活、川島永嗣らが日本代表を救ってきたが、権田はノックアウトステージでのGKとしての役割について「僕自身はとにかく、自分が止められるシュートを止める。サガン鳥栖でやってきたことが認められて今この場に自分はいられると思うので、そこでのプレーというのをまずはしっかり出すこと。普段自分がやっているプレーをとにかく出せれば、チームには貢献できるのかなと思うし、逆にそれ以上のことは急に求められてもできないので、とにかく落ち着いて冷静にいければいいかなと思います」と話した。

 最後にサウジアラビアの印象について権田は「やっぱり個人個人は質の高い選手が揃っていますし、攻撃陣に限らずサイドバック含めて攻撃的に面白い選手がいるなというのは印象。今までの予選の3試合とはまたもう一段レベルの上がるチームなのは見ていても間違いないです」と危機感も感じている。

(取材:舩木渉、文・構成:編集部)

【了】

Comments

comments

新着記事

FChan TV

↑top