【日本代表スタメン予想】負傷者の穴は問題ない。アジアカップ決勝カタール戦、奪還担う11人は?

日本代表は1日、AFCアジアカップ2019決勝でカタール代表と対戦する。準決勝では今大会最強と言われるイラン代表を相手に集中力の高いゲームを展開し、3-0と点差をつけて勝利した。そして今回、森保ジャパンは優勝をかけた大一番に臨む。

2019年02月01日(Fri)5時30分配信

text by 編集部
Tags: , , , , , , ,

右SBは酒井か室屋か

gen
アジアカップ決勝カタール戦の予想スタメン

 準決勝では日本が真価を発揮した。アジア最強と呼ばれるイランと激突したこの一戦で、森保ジャパンはエースの大迫勇也が右でん部痛から復帰。前線でことごとくボールを収め、攻撃をスピードアップさせた。中でも恩恵を受けたのが南野拓実だ。準々決勝までは波に乗り切れていない印象だったが、イラン戦では躍動感を取り戻している。自身のゴールがなかったのは確かだが、アシストを記録するなど勝利に大きく貢献した。

 チーム全体としても球際のバトルで負けず、イランに長所を出させなかった。最後はイランの選手がフラストレーションを爆発させるなどひと悶着あったが、日本のイレブンが我を失うことはなかった。

 強敵を相手に覚醒した森保ジャパン。決勝の相手は好守に抜群の数字を残して勝ち上がってきたカタール。森保一監督はどのようなメンバーを送り出すだろうか。

 GKは権田修一。イラン戦でもミスからピンチを招くなど、安定感という点では不安が残る。とはいえ、自分のミスを自分で取り返すセーブを見せているのも事実。守備陣とのコミュニケーションを密にし、攻撃に備えたい。カタール戦では守護神のパフォーマンスが勝敗を分けるのではないか。

 最終ラインは左から長友佑都、吉田麻也、冨安健洋、酒井宏樹。酒井はイラン戦で途中交代し、その後病院で検査を受けた。異常はなかったようで、コンディションに問題がなければ是非出場してもらいたい。ただし、室屋成も今大会のピッチに立っており、準備はできているはずだ。指揮官がどのような決断を下すか注目される。

 カタールには得点ランキングトップのアルモエズ・アリという点取り屋がいる。今大会すでに8得点を挙げており、守備陣としては彼に仕事をさせないことが求められる。

1 2

新着記事

FChan TV

↑top