カタール戦、勝利への鍵は? ポイントは相手の「奇襲」。日本代表の対応力問われる決勝戦に

AFCアジアカップ2019もいよいよ決勝戦だ。1日、日本代表はカタール代表と激突する。勝負のポイントはどこになるのか。日本が注意すべきはカタールからの「奇襲」だ。(取材・文:植田路生【UAE】)

2019年02月01日(Fri)10時49分配信

text by 植田路生 photo Shinya Tanaka , Getty Images
Tags: , , , , , , ,

実は似た者同士の日本とカタール

カタール代表
決勝戦で対戦するカタール代表【写真:Getty Images】

 AFCアジアカップ2019決勝戦で戦うカタール代表は、日本代表に似ている部分の多いチームだ。ボールを持つ=ポゼッションで相手を押し込むこともでき、全体で引く=守備的にもプレーできる。基本的には自分たちでボールを持って攻撃的に戦うことを得意とするが、守ってもこれまで6試合無失点で鉄壁だ。そこからのカウンターも鋭い。

 強さの根源は、その上に相手への対応力があることだ。フェリックス・サンチェス監督は徹底的に相手を分析し、急所を嫌らしく攻めてくる。また、攻撃パターンも分析し、個の力に頼らずに組織でしっかりと守ってくる。

 細部では異なるものの、全体像としてこれらは森保ジャパンも同じで、似た者同士の決勝戦と言える。

 カタールは個の力、組織力ともにアジアでは頭一つ出ている。これまであまり知られてはいなかったが、優勝候補・韓国を破ったのも偶然ではなく、決勝進出もサプライズではない。イランよりもやりにくい難敵だ。

 だが、アジアで抜き出ている強さは日本も同様で、個の力と組織力ではやや日本が上回っている。がっぷり四つに噛み合えば負ける相手ではない。

 もちろんそれはカタールのサンチェス監督も認識している。そうなると、日本の出鼻をくじくために奇襲を仕掛けてくるだろう。ポイントはGKだ。

1 2 3

新着記事

↑top