中島翔哉、カタールでの経験が変化をもたらす。影響は「全てです」

2019年03月25日(Mon)8時00分配信


Tags: , , , , , , , , ,

中島翔哉
中島翔哉【写真:田中伸弥】

 日本代表は24日、26日に行われるキリンチャレンジカップ2019のボリビア代表戦に向けた練習を行った。

 カタールのアル・ドゥハイルに所属するMF中島翔哉は22日のコロンビア戦で先発フル出場を果たした。次のボリビア戦について、中島は「みんな経験がある選手なので、それぞれ思いはあると思いますけど、自然と試合になれば一体感が出ると思いますし、もちろん練習の中でお互いに良くしていくことも、もちろんやっていくので、それをしっかりと次の試合でみんなで出していけたらなと思います」と話した。

 コロンビア戦では積極的にペナルティエリアの外からシュートを打っていたことについて聞かれた中島は「元からシュートは遠目でも打つというのは、10代の頃からやってきたので、やっぱり決めなければいけないですけど、シュートを打たないと入らない部分もあるので、それはどんどんチャレンジしていけたらいいと思いますし、味方が良い動きをしたらパスを出すということも、もちろん考えているので、両方やっていきたいですし、両方の精度も高めていきたいなと思います」と話し、常にゴールを意識している。

 また、コロンビア戦では抜ききる前にシュートを放ったり、サイドチェンジをしたりと、今までと変化はあったかと聞かれた中島は「カタールでやっていることで、変化していることもあると思いますし、また次の試合は抜ききるかもしれないですし、それはわからないですけど、武蔵だったら武蔵の高さだったり強さだったり、スピードでゴール前の動きというのはあるので、選手が誰が出ているかによってプレーが変わるというのは当然、多少あると思います」と話した。

 カタールでやっていることの影響が出たかという質問には「いやもう、全てです、はい」と答え、カタールでの経験が今回のコロンビア戦でも生かされたようだ。カタールでの成長を糧に、これからも中島が躍動する。

(取材:舩木渉、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

FChan TV

↑top