ボリビア戦、日本代表は中島翔哉のチーム。香川は何もできず最低評価…先発攻撃陣の今後が心配【どこよりも早い採点】

日本代表は26日、キリンチャレンジカップ2019・ボリビア代表と対戦して1-0で勝利。この試合で森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

2019年03月26日(Tue)21時24分配信

text by 編集部 photo Shinya Tanaka
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

国内組DFラインは及第点

日本代表
日本代表のパフォーマンスはどうだったのか【写真:田中伸弥】

【日本 1-0 ボリビア キリンチャレンジカップ2019】

シュミット・ダニエル 6 ピンチはなかったが、繋ぎに加わるなど持ち味の一つは見せた
安西幸輝 6 積極的に前に出て行きつつ、戻りも速く粘り強かった
畠中槙之輔 6 落ち着いたデビュー戦。プレスに来ない相手を尻目に持ち上がるシーンも
三浦弦太 6 この日の先発DF陣では最も経験豊富。カバーリングが良く、外につり出されても相手を自由にさせなかった
西大伍 6 気の利いたプレーを披露。球離れのタイミングの良さでリズムを作った
橋本拳人 6 繋ぎで呼吸が合わない場面はあったが、守備力の高さを生かして相手に挑んだ
小林祐希 5.5 ボールを散らしつつ、フリーランで相手をけん制した
乾貴士 5.5 前半のチャンスは決めたかった。得意なゾーンに入った時の怖さは示したが、ロストも少なくなかった
宇佐美貴史 5 味方との連係から逆サイドにパスを供給し、乾の決定機へと導いた。しかし見せ場は限定的
香川真司 5 違いを生むプレーは見せられず。サイドチェンジは高精度も、他の仕事も見たかった
鎌田大地 5.5 ボールを呼び込む動きは悪くなかった。存在感が希薄になったが、後半は少しずつ盛り返した

中島翔哉 6.5ドリブル突破で試合のテンションを上げた。切り返しからのシュートでゴール
堂安律 5.5 勝負を決めるような仕事をしたかったところだが、そうした場面は訪れず
南野拓実 6 ボックス内での力強さ、怖さは香川より上
柴崎岳 5.5 攻撃をスピードアップさせるパスを出すなど落ち着いて入った
佐々木翔 5.5 疲れの見える安西に代わって投入され、堅実にプレーした
鈴木武蔵 – 出場時間短く採点不可

森保一監督 5.5 メンバーを入れ替えて臨んだが、後半途中に主力を投入する展開に

【了】

新着記事

FChan TV

↑top