世界最高の輝きを放ったCBは長谷部誠! ポジション別プレイヤー活躍度ランキング!(5位~1位/3月版・CB編)

フットボールチャンネル編集部では、月ごとのポジション別選手ランキングを選定中。今回はセンターバック(CB)編の5位~1位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。

2019年04月16日(Tue)7時00分配信

シリーズ:18/19能力値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

世界最高のCB

フィルジル・ファン・ダイク
フィルジル・ファン・ダイクの今季成績(3月31日時点)やリーグ戦平均スタッツなど【写真:Getty Images】

5位:フィルジル・ファン・ダイク(オランダ代表/リバプール)
生年月日:1991年7月8日(27歳)
3月成績:リーグ戦4試合出場/0得点0アシスト、CL1試合出場/1得点1アシスト、EURO予選2試合出場/1得点0アシスト

 世界No.1のCBと言っても過言ではないだろう。身長193cm、体重92kgの体格を誇る同選手は対人戦の強さに絶対の自信を持っており、ディフェンダーとしてのスキルも高いレベルで装備。それに加え足下の技術もしっかりしており、攻撃面でも存在感を放つことができるなど欠点の少ない守備職人だ。3月は公式戦7試合に出場するなど多忙な日々を送ったファン・ダイク。それでも毎試合安定感あるパフォーマンスを発揮しており、リバプール、そしてオランダ代表に数多くのものをもたらした。とくにチャンピオンズリーグ・ラウンド16の2ndレグ、対バイエルン・ミュンヘンでは1得点1アシストの成績を収め、チームのベスト8進出に大きく貢献するなど、欧州最高峰の舞台でもその実力を証明した。

1 2 3 4 5

新着記事

FChan TV

↑top