世界最高の輝きを放った守護神は誰だ! ポジション別プレイヤー活躍度ランキング!(5位~1位/3月版・GK編)

2019年04月17日(Wed)7時00分配信

シリーズ:18/19能力値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

スロベニアが生んだビッグセーバー

サミール・ハンダノビッチ
サミール・ハンダノビッチの今季成績(3月31日時点)やリーグ戦平均スタッツなど【写真:Getty Images】

3位:サミール・ハンダノビッチ(元スロベニア代表/インテル)
生年月日:1984年7月14日(34歳)
3月成績:リーグ戦4試合出場/4失点、EL2試合出場/1失点

 インテル在籍7年目を迎えた元スロベニア代表のベテランGK。足下の技術は平均的だが、驚異の反射神経を生かしてビッグセーブを連発することができる選手であり、そうした特長を発揮し幾度となくチームのピンチを救ってきた。同選手のおかげで挙げた勝利も決して少なくないはずだ。

 マウロ・イカルディの主将はく奪を受け、今季途中よりキャプテンにも就任した同選手。ルチアーノ・スパレッティ監督からの信頼はかなり厚いと言えるだろう。また先月はリーグ戦4試合で4失点、ヨーロッパリーグでも2試合で1失点という成績だったが、データサイト『Who Scored』内では2度もMOMに輝くなどピッチ上で大きく躍動した。目標のチャンピオンズリーグ出場権獲得のため、今後も観る者を驚かせるビッグセーブを繰り出したい。

【次ページ】長谷部誠の同僚GK

1 2 3 4 5

新着記事

↑top