世界最高の戦い、ここにあり。リバプールはなぜ完敗を喫した? メッシだけではない貢献者

2019年05月02日(Thu)12時00分配信

text by 小澤祐作 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

激しい攻防が繰り広げられる

 しかしリバプール守備陣も集中した守りを見せ、バルセロナに対し隙を与えない。要所要所でプレスを回避される場面はあったが、ジェームズ・ミルナーやファビーニョといったあたりの戻りも素早く、ボールホルダーに対し2人でサンドするような守備も発揮できていた。

 攻撃時はサラーやマネのスピードを生かすべく、シンプルに相手の背後へ長いボールを送る。とくにバルセロナの左サイド、ジョルディ・アルバはかなり高い位置を取るため、カウンター時はそのスペースが空きがちになる。もちろんクレマン・ラングレといったあたりがそのエリアの穴埋めをするのだが、スピードで上回るのは圧倒的にサラー。そのスペースに良いボールが入れば、自然とチャンスは生まれた。

 だがバルセロナもリバプールに好き勝手させるわけにはいかない。メッシも守備に回るなど、こちらもハイプレスで対抗した。守備時は4-4-2のシステムへと変更し、中盤により人数を集めて相手の攻撃を封じ込める。イバン・ラキティッチとセルヒオ・ブスケッツの的確なポジショニングも、リバプールにとっては厄介なものとなっていた。

 このように、攻守両面で激しくぶつかり合った両チーム。0-0のまま前半も25分を回ったが、ここでついに試合は動く。先制に成功したのは、バルセロナだった。

 26分、ビダルが反対サイドへロングボールを送り、これをコウチーニョが収める。背番号7は上がってきたJ・アルバへボールを落とすと、スペイン人DFを左足で低いクロスをPA内へ送った。これに反応したのはスアレス。背番号9は滑り込みながらこれを合わせ、ゴールネットを揺らした。

 ついに先制ゴールを奪ったバルセロナ。リードを守りきるため、ここから落ち着いた試合運びを見せたかったところだが、ペースはなんとリバプールに傾くことになる。

1 2 3 4

新着記事

FChan TV

↑top