川崎F、フッキ&オスカル擁する中国王者とドロー。ACL決勝T進出に黄色信号

2019年05月07日(Tue)20時56分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

川崎フロンターレと上海上港
川崎フロンターレと上海上港【写真:Getty Images】

【川崎フロンターレ 2-2 上海上港 ACL グループH第5節】

 AFCアジアチャンピオンズリーググループステージ第5節、川崎フロンターレ対中国の上海上港が現地時間の7日に行われた。試合はホームの川崎フロンターレが2-2で引き分けた。

 負ければ敗退となる3位の川崎Fは2トップにFWレアンドロ・ダミアンと直近の公式戦3試合で4得点と好調のFW小林悠を起用。サイドハーフには左にMF長谷川竜也と右に齋藤学が入った。右サイドバックには舞行龍ジェームズが起用された。対する上海上港は元ブラジル代表MFオスカル、FWフッキとエウケソンの強力ブラジル人助っ人3人が同時先発となった。

 最初のシュートは上海上港だった。2分、フッキが左サイドでボールを受けると、守田がディフェンスに入る。するとフッキは守田の股を抜き、中央へカットイン。右足を振り抜いたが、大きく枠を外れた。

 すると川崎Fはカウンターから先制点を奪われる。6分、右サイドで斎藤がオスカルにボールを奪われると、カウンターを発動。すぐフッキのスペースにパスを供給。フッキはラン・ウィズ・ザ・ボールでスペースに抜け出し登里の前へ。登里は懸命に追いかけるも、フッキのスピードに追いつかず。フッキはそのままGKチョン・ソンリョンと1対1に。フッキはチョン・ソンリョンをかわし、ゴールに流し込んだ。川崎Fはカウンターから先制点を奪われた。

 だが、すぐに川崎Fが追いつく。13分、大島がペナルティエリア手前にいた斎藤にパス。斎藤はスルーし、レアンドロへボールが渡る。レアンドロは斎藤へ預け、斎藤は反転してレアンドロへラストパス。レアンドロは一人かわして右足を振り抜くと、ゴールに吸い込まれた。斎藤が1失点目のミスを帳消しにするようなアシストを見せた。

 その後、川崎Fは上海上港のゴールに迫り、チャンスを作り出す。だが上海上港も体を張って守り、フッキ、エウケソン、オスカルを中心に攻める。前半はこのまま1-1で折り返す。
 
 後半に入ると上海上港のボールを保持する時間が多くなる。前線のフッキやエウケソンにボールを預け、川崎Fゴールに攻める。だが、川崎FもCBの谷口を中心に食い止める。

 すると61分、ルーズボールを左サイドの長谷川が拾うと、右足のアウトサイドでコントロールしペナルティエリア内に侵入。そのままシュートを放つが相手GKの正面に飛んでしまい、ゴールを奪うことができなかった。

 66分、川崎が逆転に成功。右サイドで守田が中央にクロスを供給。すると中央で谷口がヘディングシュート。これが決まり、川崎Fが逆転に成功した。だが、川崎Fはすぐに同点に追いつかれる。71分、左サイドからオスカルが右足でクロスを送ると、ファーサイドでフリーになったフッキがヘディングシュートを叩き込んだ。フッキのゴールで同点に追いつかれた。結局試合はこのまま終了し、川崎Fは中国王者と2-2の引き分けとなった。

 引き分けた川崎Fは勝ち点5でグループ3位のまま。2位の上海上港とは勝ち点1差のままで、暫定で首位の蔚山現代とは同3差となっている。これで、川崎Fは次節アウェイでのシドニーFC戦での勝利が絶対条件となり、他試合の結果次第で決勝トーナメント進出が決まる。

【得点者】
6分 0-1 フッキ(上海上港)
13分 1-1 レアンドロ・ダミアン(川崎フロンターレ)
66分 2-1 谷口彰悟(川崎フロンターレ)
71分 2-2 フッキ(上海上港)

【了】

新着記事

↑top