2018/19シーズン活躍度ランキング。トップ10入りを逃すも、凄まじすぎる活躍を見せた名手たち(15位~11位)

2019年06月12日(Wed)7時00分配信

シリーズ:18/19能力値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

ビッグクラブ注目のMF

ブルーノ・フェルナンデス
ブルーノ・フェルナンデスの今季成績やリーグ戦平均スタッツなど【写真:Getty Images】

14位:ブルーノ・フェルナンデス(ポルトガル代表/スポルティングCP)
生年月日:1994年9月8日(24歳)
ポジション:MF
今季成績:リーグ戦33試合出場/20得点13アシスト、国内カップ戦12試合出場/9得点3アシスト、EL8試合出場/3得点2アシスト

 パスセンスに優れ、ストライカーにも劣らないシュート技術を持つポルトガル代表MF。所属するスポルティングCPでは象徴的な選手として大活躍を見せており、同クラブにとって最も欠かせない存在となっている。ポルトガル代表としても主力選手としてプレーするようになっているなど、力を付け始めているのは明らか。マンチェスター・シティやマンチェスター・ユナイテッドが獲得を狙うなど、ビッグクラブからの視線はかなり熱い。

 今季、ブルーノ・フェルナンデスは公式戦53試合で32得点18アシストという爆発的な成績を収めている。リーグ戦ではMFながら得点ランキング2位につけ、アシスト数も2位、1試合におけるシュート数ではリーグ堂々のトップに立っている。まさにポルトガル国内で旋風を巻き起こしたと言ってもいいだろう。まだ24歳と今後の成長にも大きな期待を抱くことができるMFは来季、ビッグクラブでその才能を研ぎ澄ますのだろうか。

1 2 3 4 5

新着記事

FChan TV

↑top