三好康児「チャンスは必ずできる」。上田綺世ら前線との連携向上へ意欲【コパ・アメリカ】

2019年06月19日(Wed)17時32分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

三好康児
三好康児【写真:Getty Images】

 日本代表は現地時間17日に行われたコパ・アメリカ2019(南米選手権)グループステージ初戦でチリ代表と対戦し、0-4の大敗を喫する結果に終わった。MF三好康児が翌日に試合を振り返るとともに、今後の改善に向けた見通しを語った。

 三好はチームが0-2のリードを奪われた66分からの交代出場で代表デビュー。FW上田綺世にスルーパスを通すなどチャンスメークを試みる場面もあったが、日本代表は反撃ならず、そこからさらに2点を奪われての敗戦となった。

 三好は上田について、「身体能力に長けているので、こっちがチャンスのボールを出してあげれば、それでゴールにいける選手だと思う。そういった動き出しの部分もすごく上手い」と称賛。「自分たちというか、自分が合わせることができればゴールまでいけるチャンスは必ずできるので、そこのチャンスは逃さないようにしたいと思います」と連携向上への意欲をみせた。

「色々な動きで相手の裏だったり、ゴールに向かう動きができる選手。現にそこは試合中にできていたと思う」と三好はさらに上田について述べつつ、「チャンスはできているので、確実に(結果に)繋げられるだけのパスがこっちも出せればいいですし、お互い合わせていければいいと思います」と続けた。今後の試合ではさらに息の合うプレーを見せることができるだろうか。

(取材:舩木渉、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

↑top