森保一監督「何人か変える」。前田大然の欠場&スタメン変更を明言【コパ・アメリカ】

2019年06月20日(Thu)12時20分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

森保一監督
森保一監督【写真:Getty Images】

 コパ・アメリカ2019(南米選手権)グループC組第2節、日本代表対ウルグアイ代表の試合が現地時間20日に行われる。その試合に先駆け、日本代表を率いる森保一監督が記者会見に臨んだ。

 試合で起用する予定のメンバーについては「誰をっていうのは言えないですけど、変えます」と答え、何人か先発メンバーを入れ替えると明言。また、イエローカードを提示された選手もいるが「イエローカードはポイントではない。次、戦う上で試したいこととコンディション含めて、何人か変えたいと思います」と話し、イエローカードの累積によって、必ずしもメンバーから外れるわけではないことを明かしている。

 ただ、一方で「前田は次の試合は出れないです。原は今日練習しました」とコメントし、怪我の前田大然は起用しないことが決まった。チリ代表戦を振り返り「チリ戦も、相手に挑んでいく、チャレンジする気持ちを持って入ってくれたと思います。それはアグレッシブにプレーする形で攻撃も守備もいい形で入れたので、今回も相手がどうであれ、まずはそういう入り方をしていく。そのあとは、運動量的にいうと、アグレッシブに、チャレンジする姿勢は良かったと思います。チームで連係、連動の部分でタイミングがどうだったか、距離感がどうだったかっていうのは改善しなければいけないところがチリ戦に出て、最後失点になったと思うので、そういう部分で攻守ともに距離感やタイミングのところを選手たちは、運動量とか、チャレンジすることをやってもらいつつ、クオリティを上げていくことをこの試合でできればなと。この間もすごく良いチャレンジをしていたと思うので」と、0-4の完敗を喫したものの、一定の評価を下している。

 ウルグアイ戦に向けては「まずは世界のトップトップであろうが、違う国であろうが、自分たちはできるんだっていう自信を持ってやってもらいたいと思います。特に強豪国に対して相手を上に見すぎることなく、同じ目線で戦ってこそ、世界の舞台で日本が力を発揮することに繋がっていくと思いますし、選手たちも自信を持って同じ目線で戦ってもらいたいなって思います」と、意気込みを語っている。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

FChan TV

↑top