柴崎岳、チリ戦の反省を生かし「粘り強い守備」を意識。南米の選手の特徴は「ずる賢い」【コパ・アメリカ】

2019年06月20日(Thu)16時00分配信


Tags: , , , , , , , ,

柴崎岳
柴崎岳【写真:Getty Images】

 コパ・アメリカ2019(南米選手権)グループC組第2節、日本代表対ウルグアイ代表の試合が現地時間20日に行われる。今大会で主将を務めるMF柴崎岳はチリ戦の反省を生かし、強豪ウルグアイ戦に臨む。

 チリ戦を踏まえて次戦のウルグアイ戦について柴崎は「ボールロストの回数はやっぱり減らさなきゃいけないと思っています。それは僕だけではなくて、チーム全体として失う回数を減らすことが重要かなと思います。それはやはり日本がボールを持つところが自分たちの強みであって、その時間が長ければ僕らの攻撃に時間も多くなると思うので、そういった安易なミスだったりというのは少なくしたいなと思っています」と話した。

 ウルグアイ代表に対するイメージを聞かれた柴崎は「非常に能力の高い選手を各ポジションに揃えていると思います。勝ちたいのは僕らも一緒ですけど、勝たなければいけない気持ちを持っているのは向こうかなと思うので、どれだけしっかりとした守備で粘り強く対応して、向こうが焦れてきたりする、焦る気持ちを持たせるというのも1つの戦略として、展開の1つとしてありえるのかなと」と話し、粘り強く守備をすることを心がけるようだ。

 所属するヘタフェにはDFレアンドロ・カブレラやダミアン・スアレス、MFマウロ・アランバリなどウルグアイ人選手が多い。普段彼らを見ていてウルグアイ人の特徴について聞かれた柴崎は「非常にずる賢くやってくる部分もありますし、あまり軽いプレーに見えるようなところはない印象はありますね。ウルグアイの選手の特徴というか、各選手それは言える特徴ですかね。そういった選手がウルグアイというのは非常に多いですよね」と話した。

(取材:舩木渉、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

↑top