欧州各国リーグ、主要移籍まとめ(2)。新天地を求めた選手を随時紹介、今回はこの5人【編集部フォーカス】

2018/19シーズンの欧州各国リーグが幕を閉じ、現在はそれぞれのチームが来季に向け積極的に補強を行っている最中だ。すでに新天地に活躍の場を求めた選手も何名かおり、世界中を賑わせている。フットボールチャンネルでは、移籍を決意した選手たちをピックアップした。今回はこの5人(移籍金は『transfermarkt』を参照)。

2019年07月05日(金)8時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , ,

ジョアン・フェリックス

ジョアン・フェリックス
ベンフィカからアトレティコ・マドリーへ移籍したジョアン・フェリックス【写真:Getty Images】

FW:ジョアン・フェリックス(ポルトガル代表)
生年月日:1999年11月10日(19歳)
ベンフィカ→アトレティコ・マドリー(移籍金:約153億円)
昨季リーグ戦成績:26試合出場/15得点9アシスト

 ポルトガルに現れた将来有望な若手FW。ドリブル、パス、シュートの技術が非常に高く、前線で様々な仕事をやってのけるいま大注目の逸材だ。ポルトガルの名門・ベンフィカでも主力としてプレーしており、2018/19シーズンはリーグ戦26試合出場で15得点9アシストを記録するなど申し分ない活躍を見せた。さらにヨーロッパリーグ・準々決勝の1stレグ、フランクフルト戦では大会史上最年少でのハットトリックを達成するなど、すでに世界に実力を証明している。

 ポルトガルの新星には数多くのビッグクラブが獲得に興味を示していたが、3日、同選手の加入を発表したのはアトレティコ・マドリーであった。すでに同クラブの退団が決定しているアントワーヌ・グリーズマンの後継者として期待されるのは間違いなく、背番号も7に決まっている。移籍金は1億2600万ユーロ(約153億円)とされており、10代の選手としてはキリアン・ムバッペ(モナコ→パリ・サンジェルマン)に次ぐ歴代2位、サッカー界全体でも歴代5位となる高額移籍となった。果たして「ネクスト・ロナウド」はスペインの地でどのような活躍を見せるのだろうか。

【次ページ】ルカ・ヨビッチ

1 2 3 4 5

新着記事

↑top