FC東京、永井謙佑。ストライカーとして増す怖さと貫禄。成長の理由、日の丸を背負う効果とは

2019年07月10日(Wed)10時40分配信

text by 下河原基弘 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

「東京で優勝したい」

 自身も日本代表でプレーし、また教え子たちを何人も代表に送り出してきた長谷川監督は「代表に入ると代表オーラじゃないですけど、みんな自信を持つ。もう一度入りたいという感じになるのか、自覚が芽生えるのか」と日の丸を背負う効果について語る。代表に入ることで、さらに選手が伸びると話す他クラブの監督も多い。それが今、爆速FWの身に起きているのかも知れない。

 だが一方で永井は「代表がというより、東京で優勝したいっていう欲の方が今は強いので。とりあえずチームの結果で代表が見えてくると思う。代表、代表と言う意識はないですね」ときっぱり。地に足をつけて日々の練習に励み、チームを悲願の初優勝に導くことで代表への定着、そしてその先が開けてくると考えているようだ。

 MF久保建英がレアル・マドリーに移籍してから2連敗と苦しい時期もあったが、これで2連勝。再度チームにエンジンがかかってきた。

「10何試合もタケがいて、タケのいるリズムの中でこっちもやっていたので…。(ただ)選手が代わって、ようやく個々の良さを出せるようなってきている。そこは健太さんの力もありますし、本当にみんながいい方向に向かってできていると思います」と久保ロスも乗り越えて、復調に手ごたえを感じている。

 次は3位・川崎フロンターレとの多摩川クラシコ。覚醒する背番号11を中心に難敵を倒し、首位固めを狙う。

(取材・文:下河原基弘)

【了】

1 2 3

新着記事

FChan TV

↑top