鈴木武蔵「Jリーグでも意識していた」。日本代表初招集の同世代FWオナイウ阿道に対抗心

2019年11月17日(Sun)6時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

鈴木武蔵
日本代表のFW鈴木武蔵【写真:Getty Images】

 日本代表は16日、パナソニックスタジアム吹田で19日に行われるベネズエラ代表との国際親善試合に向けて練習を行った。

 14日に2022年カタールワールドカップアジア2次予選のキルギス戦を終えた選手たちが帰国し、ベネズエラ戦のみ招集の国内組もチームに合流。キルギス戦出場メンバーのうちDF植田直通、MF柴崎岳、MF原口元気、FW永井謙佑が室内調整、柏レイソルの一員としてJ2リーグ戦に出場したGK中村航輔は17日から参加の予定となっている。

 キルギス戦の終盤に途中出場し、帰国したFW鈴木武蔵は「ああいう時間帯に入ったらしっかりチームを助けることがまず第一優先」と語り、「得点よりもチームのことをしっかりやりながら、そこでゴールのチャンスを掴めいいなと思っていた」と自身がプレーした5分あまりを振り返った。

 今回はキルギス戦とベネズエラ戦で招集メンバーの一部を入れ替えているため、すでにチームを離れた選手がいる。ということは、もちろん新たな選手がベネズエラ戦に向けて合流してくる。その中には日本代表初招集となる4選手も含まれている。

 鈴木の直接のライバルとなりうるストライカーもやってきた。FWオナイウ阿道は、大分トリニータの一員としてJ1リーグ戦で10得点を挙げて日本代表に初めて選出された。この2人は2学年違いだが、2016年リオデジャネイロ五輪に向けた世代別代表でともにプレーした経験を持っている。

 当時は鈴木がFW久保裕也の出場辞退にともないバックアップメンバーからリオ五輪本大会に追加招集され、オナイウはバックアップメンバーとしてチームを支える立場だった。Jリーグでも切磋琢磨してきたストライカーたちは、再びサムライブルーのユニフォームを着てポジション争いに挑む。

 北海道コンサドーレ札幌のエースとして今季のJ1リーグ戦で日本人トップタイの12得点を挙げている鈴木は、オナイウの存在について「Jリーグの時も意識していましたし、得点数も近いし、そこは負けたくない気持ちはありますね」と率直な思いを語った。

 キルギス戦は今年3月以来の日本代表招集だった鈴木にとって「また次、出場時間を与えてもらえるように、しっかり頑張らなければいけない試合だった」。ブレーメンに所属するFW大迫勇也が不在の中、やはり結果を出して存在感を示していかなければ競争に生き残っていけない。

 19日のベネズエラ戦でより大きなチャンスを掴めるか。鈴木は「新しい顔ぶれもいますし、また違った競争がある中で、与えられた時間でしっかり(貢献)できればいいなと思っています」と気を引き締めた。同世代のライバルの存在も発奮材料に、ピッチ上でFWとしての真価を証明したいところだ。

(取材:元川悦子【大阪】、文・・構成:編集部)

【了】

新着記事

↑top