英国人が見た中国戦。「審判の国籍は中国ですか?」「レッドじゃないと! ラフプレーは酷いね」【E-1サッカー選手権】

2019年12月10日(Tue)22時10分配信

シリーズ:英国人が見た○○戦
text by 編集部 photo Shinya Tanaka
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

「課題はcomplacencyかな」

――最後に危ないシーンはありましたが、日本代表は2-1で勝利を収めました。

「パフォーマンスは良かったと思います。最後の方は少し危なかったけど、勝ち点3に値すると思います」

――日本代表はこれから、香港戦、韓国戦と続きます。

「課題はcomplacency(ひとりよがり、自己満足)かな。最後の方にそれで失点してしまいました。これからの2試合ではそうならないようにしてほしいですね。『勝ち点3はもうゲットした』という姿勢を相手に見せてしまうと、どうなるかわかりません」

――まさに2点目を決めた後にそうなりましたね。期待した仲川の出場はありませんでした。相馬も短い時間の出場でした。

「次の香港戦は3試合の中では一番簡単な試合なので、仲川や相馬のような積極的な選手が見たいですね」

――ありがとうございました!

▽語り手:ショーン・キャロル
1985年イングランド生まれ。2009年に来日。「デイリーヨミウリ」「Jリーグ公式ウェブサイト」などにも寄稿。高校サッカー、Jリーグ、日本代表など幅広く取材している。過去にはスカパーのJリーグ番組出演も。

【了】

1 2 3 4

新着記事

↑top