英国人が見た中国戦。「審判の国籍は中国ですか?」「レッドじゃないと! ラフプレーは酷いね」【E-1サッカー選手権】

2019年12月10日(Tue)22時10分配信

シリーズ:英国人が見た○○戦
text by 編集部 photo Shinya Tanaka
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

「畠中は少し集中が切れたかな」

――ショーンさんは試合前に「日本代表は3バックの方がいい」と言っていましたが、今日の日本代表の3バックはどうでしょうか。

「正直なところ、中国の攻撃はあまり危険ではないので、課題はあまり見えませんね。守備から攻撃への切り替えは良いと思います」

――上田がPA内で倒されましたがファールはありませんでした。

「あれはPKでしょう! この審判の国籍は中国ですか?」

――井手口の右CKからフリーで三浦がヘディング。日本代表が追加点を挙げました。

「完全にフリーでした。セットプレーからの得点が武器になれば、日本代表はより強くなるね」

――FC東京の田川亨介が入りました。下がった鈴木武蔵と同じくフィジカルの強い選手です。

「中国と戦うときに必要なタイプだ! 5分、10分くらいあった“ミニピンチ”以外は、日本が主導権を握っているね」

――残り時間は少ないですが、相馬が入りました。

「もう少し早く見たかったけど、森保(一)監督はとりあえずデビューさせたかったのかな」

――後半アディショナルタイムに失点を喫しました。ゴール前は数的有利でしたが、フリーにさせてしまいましたね。

「中村(航輔)は惜しかったね。畠中は少し集中が切れたかな。でも彼はこの1年間でとても成長したから、この経験からも学んでほしいね。土曜日にJリーグ優勝が決まったので、まだ少し2日酔いかもしれませんね(笑)」

1 2 3 4

新着記事

↑top