英国人が見た中国戦。「審判の国籍は中国ですか?」「レッドじゃないと! ラフプレーは酷いね」【E-1サッカー選手権】

日本代表は10日、EAFF E-1サッカー選手権で中国代表と対戦し、2-1で勝利を収めた。この試合中、日本サッカーに精通するイングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。(語り手:ショーン・キャロル)

2019年12月10日(Tue)22時10分配信

シリーズ:英国人が見た○○戦
text by 編集部 photo Shinya Tanaka
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

「日本代表の理想は3-4-2-1だと思う」

日本代表
中国戦に臨む日本代表メンバー【写真:田中伸弥】

【中国戦のスタメンはこちら】

――本日もよろしくお願いします! DF三浦弦太やMF橋本拳人といった森保ジャパンでプレー経験がある選手が名を連ねる一方で、U-22世代も4人が先発メンバーに入りました。

「Jリーグが終わったばかりなので、中2日でどのようなパフォーマンスが見られるかな。あと、3バックか4バックかは気になりますね。4バックの場合、サイドバックに入る佐々木(翔)と橋岡(大樹)はクラブで3バックをやっているので、慣れていないと思う」

――なるほど。どちらになるか見てみましょう。

「個人的には、日本代表の理想は3-4-2-1だと思う。3CBとダブルボランチだと守備が安定するからね。攻めるときもウイングバックとシャドーの2人がチャンスメイクできるので、攻撃の形が多いと思う」

――試合が始まりました。日本代表は3バックですね。立ち上がりの日本代表はどうでしょうか。

「プレッシングは良い形だし、守備は悪くないけど、ビルドアップはあまり機能していません」

――井手口陽介のFKから、三浦が頭で逸らして、畠中槙之輔のボレー。ボールはポストに直撃しました。

「入らなかったけど、畠中のリアクションは良かったと思う」

1 2 3 4

新着記事

↑top