中国代表DFの殺人キックを自国メディアも非難。「非常に危険」「少林カンフー」【E-1サッカー選手権】

2019年12月10日(Tue)22時20分配信

photo Shinya Tanaka
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

ジャン・ジーポン
中国代表のジャン・ジーポン【写真:田中伸弥】

【中国戦のスタメンはこちら】

【日本 2-1 中国 EAFF E-1サッカー選手権】

 EAFF E-1サッカー選手権・韓国大会の日本代表対中国代表戦が10日に行われ、日本が2-1で勝利を収めた。この試合で中国代表選手が見せた危険なプレーに対し、中国のメディアも批判を繰り出している。

 前半31分、タッチライン際でのハイボールに対する競り合いの場面で、中国代表DFジャン・ジーポンが高く上げた左足が日本代表MF橋岡大樹の頭部を直撃。橋岡はピッチに倒れ込み、ジャン・ジーポンに対してはイエローカードが提示された。幸い大事には至らず橋岡はプレーを続行したが、大事故にも繋がりかねない危険行為だった。

 中国『新浪体育』ではSNS『微博』の公式アカウントでこの場面の動画を投稿。「審判は慈悲深く、イエローカードだけで済んだ」とコメントを添え、レッドカードが出てもおかしくなかったという見解を示した。

 同メディアのウェブサイト記事でも「ジャン・ジーポンがレッドカードを逃れる」と問題のプレーおよび判定に言及。その場面の動画に対して「ジャン・ジーポン少林カンフー」とキャプションも添えている。

『東方日報』マカオ版でも、「頭への飛び蹴りでイエローカードのみ」とマッチレポートの記事タイトル内で中国のラフプレーについて強調。「非常に危険なプレーだったがイエローカードしか出なかった」と述べている。

【了】

新着記事

↑top