危険プレーの中国代表DFが釈明「意図的ではない」「相手の頭が僕の足に当たった」【E-1サッカー選手権】

2019年12月11日(Wed)8時20分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

ジャン・ジーポン(姜至鵬)
ジャン・ジーポン(姜至鵬)【写真:Getty Images】

【日本 2-1 中国 EAFF E-1サッカー選手権】

 EAFF E-1サッカー選手権・韓国大会の初戦、日本代表対中国代表の試合が10日に行われ、日本が2-1の勝利をおさめた。この試合で危険なプレーを披露した中国代表DFジャン・ジーポンが試合後に釈明している。

【E-1選手権テレビ放送予定はこちら】

 前半31分、タッチライン際でのハイボールに対する競り合いの場面で、ジャン・ジーポンが高く上げた左足が日本代表MF橋岡大樹の頭部を直撃。橋岡はピッチに倒れ込み、ジャン・ジーポンに対してはイエローカードが提示された。幸い大事には至らず橋岡はプレーを続行したが、大事故にも繋がりかねない危険行為だった。

 中国紙『神州头条』によると、試合後のインタビューでジャン・ジーポンは「意図的に相手を傷つけるつもりはなかった。リプレイを見れば、僕の方が最初にボールに触り、直接彼を蹴ったのではなく、彼の頭が僕の足に当たったことがわかる」と釈明しながらも「今後はこのようなプレーに気をつけたい」とコメント。イエローカードで済んだことについては「ボールを蹴りにいったのではなくトラップしにいった。レッドカードに該当する可能性は低いと思う」と語っている。

【了】

新着記事

↑top