上田綺世は徹底して自分に矢印を向け「即興でやれるのが代表」「日本を背負っている」【E-1サッカー選手権】

2019年12月12日(Thu)5時30分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

上田綺世
日本代表のFW上田綺世【写真:Getty Images】

【E-1選手権テレビ放送予定はこちら】

 日本代表は11日、韓国・釜山で14日に予定されているEAFF E-1サッカー選手権2019決勝大会の香港代表戦に向けて練習を行った。

 夏のコパ・アメリカ以来となるA代表招集となったFW上田綺世は、10日の中国代表戦に先発出場。FW鈴木武蔵の先制ゴールに絡んだ場面では、MF森島司の飛び出しにピタリを合わせる絶妙なヒールパスを披露した。

 チーム全体として連係面の拙さが見られる試合にはなったが、上田は「即興でも、個の力も含めてやっていけるメンバーが結局、代表だと思いますし、そこに言い訳を見つけずに、その時その時のアイディアだったり、力を出して打開していくことが必要なんじゃないかと思います」と自らを戒めるように語った。

 即興でも組織的にプレーするのが「義務」だとも述べるストライカーは、「僕らはそこまでうまくいったとは思っていない」と徹底して自分に矢印を向ける。

「僕なりにも自分の力を出すために全力になっていますし、お互いにその力がぶつかり合うんじゃなくて、お互いが助け合ったりだとか、お互いを生かしあえるような、そういうのを試合中にコミュニケーション含めて作っていけたらいいんじゃないかと思います」

 ほとんど準備する時間もなく3試合を戦わなければならないE-1サッカー選手権だが、上田はそれでもチームとして機能してこそ日本代表だと考えている様子。改善点として挙げたのは連係面だけでなく、「勝ちにこだわるということ」。

 そのうえで「攻撃の選手も守備の選手も日本を背負っているわけで、そこ(勝利)に対する欲だったりは前面に出していく必要がある」と主張した。勝つためには何よりもゴールが必要なだけに、ストライカー上田の貪欲さを前面に押し出し、日本に勝利をもたらす一発に期待だ。

(取材:元川悦子【釜山】、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

↑top