U-22ジャマイカ戦、MOMは? 9得点大勝で高レーティング連発、10番・安部裕葵の評価は…【U-22日本代表どこよりも早い採点】

U-22日本代表は28日、キリンチャレンジカップ2019でU-22ジャマイカ代表代表と対戦して9-0で勝利。この試合で森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

2019年12月28日(Sat)21時19分配信

シリーズ:どこよりも早い採点
text by 編集部 photo Shinya Tanaka
Tags: , , , , , , , , , , , ,

年内最終戦でジャマイカを圧倒

U22日本代表
U-22日本代表のパフォーマンスはどうだったのだろうか(写真はU-22コロンビア代表戦時のもの)【写真:田中伸弥】

【日程・テレビ放送予定 1月開幕! AFC U-23選手権】

【U-22日本 9-0 U-22ジャマイカ キリンチャレンジカップ2019】

山口瑠伊 6.5 出番はほとんどなかったが、後半にはピンチをセーブで防いだ
岩田智輝 7 守備では相手に仕事を与えず。攻撃では果敢なオーバーラップで味方をサポートした
岡崎慎 7 3バックの中央で最終ラインを統率。縦パスを積極的に入れるなど攻守両面で奮闘した
瀬古歩夢 7 ビルドアップ時も冷静にプレー。後半には一美のゴールもお膳立てした
中山雄太 8 直接FKを叩き込みゴールラッシュの口火を切る。守備の対応も的確であった
松本泰志 7.5 タイミングよく前線へ飛び出し攻撃に厚みをもたらした。チームの2点目も演出
長沼洋一 7.5 サイドを積極的に駆け上がりチャンスに絡む。チームの3点目をお膳立て
東俊希 7.5 縦へ積極的に突破を図り、精度の高いクロスなどで決定機を演出。後半にはFKを叩き込んだ
旗手怜央 8 シャドーとして攻撃面で絶大な存在感を放つ。2ゴールを挙げるなど結果も残した。この日のMOM。
安部裕葵 7.5 相手の厳しいマークに苦しみながらも、PK奪取&得点を記録。守備の意識も高かった
前田大然 8 持ち味のスピードを武器に攻撃陣を活性化。守備時にはプレスのスイッチをチーム全体に入れた

一美和成 7.5 ボックス内でポジショニングの上手さを生かしゴールを奪取。クラブでの好調さを代表でも発揮した
三笘薫 7.5 途中出場ながら何度もチャンスに絡む。試合終盤には待望のゴールもマークした
岩崎悠人 7.5 低い位置まで下がってボールを受けるなど味方のビルドアップを助ける。後半ATにはPK奪取&ゴール
高宇洋 6.5 ゴール前で味方をサポートし、シュートまで繋げるシーンもあった。途中出場ながらうまくプレー
松岡大起 - 出場時間短く採点不可
鈴木冬一 - 出場時間短く採点不可

森保一 7 前線からの素早いプレスを徹底し、U-22ジャマイカを圧倒。年内最終戦を白星で終えた

【東京五輪 男子サッカー 出場国一覧はこちら】

【了】

新着記事

↑top