旗手怜央、2ゴールで東京五輪生き残りへ猛アピール「支えてくれる人の分も頑張りたい」

2019年12月28日(Sat)21時42分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

旗手怜央
ジャマイカ戦で2ゴールを挙げたU-22日本代表のMF旗手怜央【写真:Getty Images】

【U-22日本代表日程・テレビ放送予定はこちら】

【日本 9-0 ジャマイカ キリンチャレンジカップ2019】

 来年の東京五輪出場に向けて強化を進めるU-22日本代表は28日、キリンチャレンジカップ2019でU-22ジャマイカ代表に9-0の大勝を収めた。

 前半に5ゴール、後半に4ゴールが生まれ、終始ジャマイカを圧倒した若きサムライたち。東京五輪本大会のメンバーに生き残るためのアピール合戦にもなる中、3-4-2-1の「2」の一角に入ったMF旗手怜央は2ゴールで強烈な印象を残した。

 日本の1点リードで迎えた16分、スローインの流れから左サイドを抜け出したMF松本泰志がクロスを上げると、中央で旗手がダイレクトボレーシュート。見事にコントロールされた一撃がゴールネットに突き刺さった。

 さらに約3分後、今度は左ウィングバックを務めたMF東俊希がマイナスクロスを送ると、再び旗手がチームの4点目となる強烈な左足シュートを叩き込む。3点目の起点にもなっていた現役大学生が眩い輝きを放った。

 試合後、2つのゴールの場面について問われた旗手は「(前田)大然がニアスペースに入っていてくれて、ファーサイドに自分が詰めるという意識でいたので、そこに1点目も2点目もいいボールが来たので、本当に決めるだけだったので良かったです」と振り返った。

 2ゴールともクロスを上げた松本や東、スペースを作るために走ったFW前田大然、素早くスローインを投げたMF安部裕葵など、自分以外の選手のお膳立てがあったからこそのものだったと旗手はよく理解していた。

 来季からは順天堂大学から川崎フロンターレに入団することが決まっている22歳は、「指導者あっての自分だと思うし、日頃から多くの人の支えがあってサッカーができると今回改めて感じたので、その人たちの分もしっかりこれからも頑張っていきたいと思います」と意気込みを語った。

 東京五輪本大会まであと約半年。同じポジションには今回の招集メンバーだけでなく、招集外となっているMF久保建英やMF堂安律、MF三好康児など数多くのライバルがいる。旗手にとってジャマイカ戦の2ゴールは最後の18人枠に生き残るためのアピールになったか。様々な障害を乗り越えて競争をくぐり抜けていくは、決して簡単ではない。

【東京五輪全種目出場内定者一覧はこちら】

【了】

新着記事

↑top