元日本代表FW矢野貴章がアルビレックス新潟から栃木SCへ。「新潟への愛は変わりません」

2020年01月06日(Mon)13時21分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

矢野貴章
矢野貴章【写真:Getty Images】

 J2のアルビレックス新潟に所属していた元日本代表FW矢野貴章は、同じくJ2の栃木SCへ完全移籍することが決定した。6日に両クラブから発表が行われている。

 現在35歳の矢野は2003年に柏レイソルに入団してプロデビュー。2006年に移籍した新潟で主力として活躍し、日本代表として2010年ワールドカップ南アフリカ大会への出場も果たした。

 ワールドカップ後にはドイツのフライブルクへ移籍し、ブンデスリーガでプレー。2012年に新潟に復帰したあと、2013年には名古屋グランパスへ完全移籍し、2017年から再び新潟に復帰した。昨年11月には契約満了による退団が発表されていた。

「大好きな新潟の地を離れることは本当に寂しいですが、新しいチャレンジに向かって走り出したいと思います。新潟を離れることになっても新潟、そしてアルビレックス新潟への愛は変わりません」と矢野は新潟公式ウェブサイトを通してコメントしている。

 栃木公式サイトは「新天地でプレーできることをとても楽しみにしています。そして、チームの力になれるよう努めていきます。1人でも多くの方に、栃木SCそして私を応援したいと思ってもらえるように頑張ります」と矢野によるコメントを伝えた。

 また栃木は、過去にFC東京でもプレーした38歳のGK塩田仁史を大宮アルディージャから完全移籍で獲得することも6日に発表している。

【了】

新着記事

↑top