U-23シリア戦、指揮官に最低点。グループリーグ2連敗で見えた限界【U-23日本代表どこよりも早い採点/AFC U-23選手権】

サッカーU-23日本代表は12日、AFC U-23選手権(東京五輪アジア最終予選)のグループリーグ第2節でU-23シリア代表と対戦して1-2で敗北。この試合で森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

2020年01月13日(Mon)0時11分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

2連敗でグループリーグ敗退

U23日本代表
日本代表のパフォーマンスはどうだったのか【写真:Getty Images】

【AFC U-23選手権の日程・テレビ放送予定はこちら】

【U-23日本代表 1-2 U-23シリア代表 U-23アジア選手権グループB第2節】

大迫敬介 5.5 2失点とも防ぐのは難しかったが、2試合で4失点は痛い
渡辺剛 6 この日も対人戦で負けず、相手より一歩早くアクションを起こしていた。怪我での途中交代が悔やまれる
岡崎慎 5.5 またもや終盤に失点。3バックの中央で守備陣をリードするも、耐えきれなかった
町田浩樹 5 セットプレー時の不用意な対応でPKを献上。縦パスの精度も欠いていた
橋岡大樹 5.5 ボックス内に侵入するなど積極性はあったが、もう少しゴール前でのパスなどの精度を高めたかった
相馬勇紀 7 チームを救う同点弾をマーク。その他の場面でも幾度となく左サイドで脅威となり続けた。この日のMOM
齊藤未月 6.5 セカンドボールへの反応も素早く、対人戦でも強さを発揮。中盤で強度の高いプレーを継続した
松本泰志 5.5 ボールによく触れたが、中盤でもったいないロストがいくつかあった。パスの質もそこまで高くなかった
森島司 5.5 ボールを受けてもなかなか怖さを引き出せなかった。シャドーとしての役割はあまり果たせず
食野亮太郎 5.5 ボールの扱いは上手かったが、やや球離れが悪かった印象。もっと味方を活かしてもよかった
上田綺世 5 ボールに触れる機会がそこまで多くなく、訪れた決定機もことごとく逸するなど不完全燃焼に終わった

田川亨介 5.5 スピード感溢れるドリブルは良かったが、なかなか味方との意識も合わず、決定機を生むには至らなかった
立田悠悟 5 終盤に相手に振り切られ失点を招く。監督の起用に応えられず
旗手怜央 - 出場時間短く採点不可

森保一 4.5 引いた相手に対し、攻撃の工夫が見えず。相馬の個人技による1ゴールのみで2連敗と、いよいよ限界が見えてきた

【グループリーグ順位表はこちら】

【了】

新着記事

↑top