U-23日本代表の齊藤未月、史上初の屈辱に落胆「悔しいというより恥ずかしい」【AFC U-23選手権】

2020年01月13日(Mon)0時34分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

齊藤未月
齊藤未月【写真:Getty Images】

【AFC U-23選手権の日程・テレビ放送予定はこちら】

【U-23日本代表 1-2 U-23シリア代表 U-23アジア選手権・グループB組第2節】

 AFC U-23選手権(東京五輪アジア最終予選)・グループB組第2節、サッカーU-23日本代表対U-23シリア代表の試合が12日に行われ、日本は1-2の敗戦を喫した。試合後、齊藤未月がインタビューに答えている。

 試合開始して5分、シリアのアブドゥルラフマン・バラカトに突破されてシュートを打たれたがGK大迫敬介のファインセーブにより失点を免れる。だが、その流れからのコーナーキックでファール。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定により、ペナルティーエリア内のファールだったため相手にPKのチャンスを与えてしまった。そして、9分にバラカトがPKを決めてシリアに先制点が入る。

 対する日本も30分、相馬勇紀が放ったシュートがゴール左に突き刺さり同点に追いつく。しかし88分、カウンターからアハマド・ダリにゴールを決められ、日本は1-2の敗戦を喫した。2連敗で1次リーグ敗退が決まっている。

 試合後、齊藤は「悔しいというよりは恥ずかしい気持ちでいっぱいですし、日本代表として情けないなと思います」と答え悔しさをにじませた。15日にはU-23カタール代表と対戦するが「なんとしても勝たないといけない。ただ、勝つだけですね」とし、最後まで戦う姿勢を見せている。

【グループリーグ順位表はこちら】

【了】

新着記事

↑top