日本代表の森保一監督
森保一監督【写真:田中伸弥】

【AFC U-23選手権の日程・テレビ放送予定はこちら】

【U-23日本代表 1-1 U-23カタール代表 U-23アジア選手権・グループB組第3節】

 AFC U-23選手権(東京五輪アジア最終予選)・グループB組第3節、サッカーU-23日本代表対U-23カタール代表の試合が15日に行われた。試合は1-1の引き分けに終わっている。

 2連敗ですでにグループリーグ敗退の決まっていた日本は、前半アディショナルタイムに田中碧がレッドカードを受けて数的不利に立たされる。73分には小川航基のゴールで先制することに成功したが、その6分後に与えたPKを決められてのドローに終わった。

「積極的に攻めようという姿勢、戦いをしっかりとやっていこうというところ、勝つための気持ちを出してくれたと思います」と森保一監督はチームの戦いぶりについて試合後にコメント。退場者を出しながらも「そこで意地を見せて、ひとり少なくてもみんなでカバーして最後まで戦い抜いてくれた。今後の成長に繋がると思います」と選手たちの奮闘を称えた。

 それでも現実として、3試合未勝利でのグループ最下位という非常に厳しい結果に終わった。「そこはしっかりと反省しなければいけないところかなと思います。もう過去は変えられないので、ここから選手が成長してくれるために、この大会の経験を活かしたいと思います」と森保監督は語る。

 夏の東京五輪本大会まで、残された準備時間は少なくなっていく。「時間が限られているというのは最初から分かっていて、その都度ベストを尽くして活動を続ければ必ず最後の大きな成果に繋がると思ってやっています」と監督。「今回は本当に残念な結果に終わりましたけど、最後に結果を出せるようにしっかり積み上げていきたいと思います」と再起を誓った。

【グループリーグ順位表はこちら】

【了】

新着記事

↑top