日本代表どこよりも早い採点、森保一監督まとめ(4)。力不足露呈し平均点以下を連発…格下相手の苦戦も当たり前に

森保一監督の日本代表と五輪代表チームの兼任が発表されてから、約1年半が経過しようとしている。AFCアジアカップ2019では準優勝とまずまずの成績を収めていたが、今年最初の公式戦となったAFC U-23選手権(東京五輪アジア最終予選)では、まさかのグループリーグ未勝利に終わり、最下位で大会を去るなど、森保監督への評価は時間が経つごとに低下している。非常に厳しい状況だ。今回は、フットボールチャンネルでお馴染みとなっている「どこよりも早い採点」から、森保監督これまでの歩みを振り返っていく。第4回は2019年に行われたキリンチャレンジカップ2019の4試合(日本代表)。

2020年01月23日(Thu)7時00分配信

シリーズ:どこよりも早い採点
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

キリンチャレンジカップ2019 コロンビア戦

20200123_vsColombia_gen
キリンチャレンジカップ2019・コロンビア戦の日本代表スターティングメンバー

【AFC U-23選手権の日程・テレビ放送予定はこちら】

【日本代表 0-1 コロンビア代表 キリンチャレンジカップ2019】

 AFCアジアカップ2019を準優勝という成績で終えた森保ジャパン。そんな同チームにとってアジアカップ後初のゲームとなったのが、ロシアワールドカップでも激突したコロンビア代表とのキリンチャレンジカップ2019であった。

 森保一監督はこの試合でDF昌子源やMF山口蛍といったロシアW杯メンバーを起用。1トップには北海道コンサドーレ札幌所属で代表初招集を受けていたFW鈴木武蔵を置いた。システムはこれまでと同じく4-2-3-1。南米の強豪相手との再戦を、勝利で飾れるかどうかに注目が集まった。

 試合開始から間もなくしてチャンスを作ったのはコロンビア代表。MFハメス・ロドリゲス→FWルイス・ムリエルと繋いで最後はFWセバスティアン・ビジャがクロスバー直撃のシュートを放つなど、日本代表はいきなり大きなピンチを招いた。

 その後は落ち着きを取り戻し、徐々にペースを掴んだ森保ジャパン。しかし、1トップの鈴木を中心にシンプルな攻撃を仕掛けたが、ゴールを奪うまでには至らなかった。前半は0-0で終了。守備陣は大きく奮闘したが、攻撃陣はやや迫力不足に陥っていた。

 後半も、立ち上がりはお互いに一進一退の激しい攻防を繰り広げる展開に。そんな中、試合が動いたのは64分だった。

 途中出場のFWドゥバン・サパタがペナルティエリア外からシュート。これがブロックに入っていたDF冨安健洋に当たり、PKを献上。キッカーのFWラダメル・ファルカオがこれをきっちり沈め、コロンビア代表が先制に成功した。

 その後、森保監督はMF香川真司らを投入するものの、1点が遠かった。試合はエースのゴールを守り切ったコロンビア代表が1-0で勝利。ロシアW杯のリベンジを果たした。

 選手個々のアピールはあったものの、全体の連動性という意味では物足りなさが残った森保ジャパン。やはり個と個のぶつかり合いでは、コロンビア代表のような強豪国にはどうしても劣ってしまう。今後の課題が浮き彫りとなった試合であった。この試合の森保監督の採点は以下の通り。

森保一監督 5.5 鈴木武蔵を最前線でテストし、香川も起用。しかし勝てなかった

1 2 3 4

新着記事

↑top