トッテナム惨敗の要因とライプツィヒの圧勝劇が実現した理由。CLの歴史が動いた快進撃【欧州CL】

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の2ndレグが現地10日に行われ、RBライプツィヒがトッテナムを3-0で下した。2戦合計スコアは4-0となり、ドイツの新興クラブが昨季ファイナリストを打ち破ってクラブ史上初のベスト8入りを果たした。CLの歴史を変えた快進撃は、どのようにして実現したのだろうか。(文:本田千尋)

2020年03月11日(Wed)11時33分配信

text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , ,

モウリーニョを悩ませた相次ぐ離脱者

RBライプツィヒ
【写真:Getty Images】

 歴史が動く時には、得てして運も味方するものだ。

 3月10日にチャンピオンズリーグ(CL)の決勝ラウンド1回戦の2ndレグを戦うRBライプツィヒに、さらに追い風が吹いた。ハリー・ケインとソン・フンミンという攻撃の要を欠き、ロンドンでの1stレグを落としたトッテナム・ホットスパーは、2ndレグを前にまた1人アタッカーを欠くことになった。

 ステフェン・ベルフワインが7日のバーンリー戦で左足首を痛め、離脱することになったのである。

 今冬の移籍市場で獲得した目玉のオランダ代表FWもいなくなったことで、ジョゼ・モウリーニョ監督は、前線にルーカス・モウラ、デレ・アリ、エリック・ラメラの3枚を並べた。より正確には、その3人を並べるしかなかった、と言えるだろう。

 トッテナムの台所事情はあまりに苦しい。大事な一戦を前にベルフワインがいなくなってしまったのは、気まぐれな勝利の女神が唐突にそっぽを向いたようだった。

 しかし、クラブ史上初のCLベスト8進出を狙うライプツィヒにとっては、どこかふてぶてしい褐色のウインガーの離脱は、ベルフワインには申し訳ないが、朗報だったに違いない。ただでさえ手負いの相手攻撃陣が、さらに手薄になるのだ。ベスト8進出の絶好のチャンスが降ってきたようなものである。

 だからか、試合が始まるとライプツィヒの選手たちは、トップギアでトッテナムのゴールに向かった。1stレグの勝利で貯金した1点のリードはあったため焦らなくとも良さそうなものだったが、序盤はしばらく様子を見よう…といったところはなかった。強度の高い守備とボール奪取後の速攻という武器を存分に発揮して、とっとと好機をモノにしてしまおうとでもいうように、スパーズに食ってかかった。

畳み掛けるライプツィヒ

RBライプツィヒ
【写真:Getty Images】

 そして10分に先制する。コンラート・ライマーが右サイドを鋭く突破。マイナスの折り返しを、ティモ・ヴェルナーがシュート。DFにブロックされたボールを自ら拾ったドイツ代表FWは、マルセル・ザビツァーに渡す。オーストリア代表は、これをダイレクトでゴールに突き刺した。

 この1点で2戦合計のスコアは2-0となり、勝負はほとんど決まったようなものだったが、ライプツィヒはプレーの強度を決して落とさない。中盤でハリー・ウィンクスやジオバニ・ロ・チェルソがボールを持てば、徹底的に潰した。イエローカードを貰うことすら嫌っていないようだった。ゴール前でもセンターバックのダヨ・ウパメカノが鉄壁の守備を見せる。

 そして10分後には追加点を奪った。アンジェリーノの左サイドからのクロスを、またもザビツァーがニアに飛び込みヘディングで合わせる。2戦合計のスコアは3-0。開始20分で、勝負は決まったようなものだった。

 ライプツィヒの選手たちにとっては、ルーカス、デレ・アリ、ラメラの3枚の攻撃陣は、さほど怖くなかっただろう。その3人のみならず、1対1の強さ、攻守の切り替えにおいて、ユリアン・ナーゲルスマン監督が率いる東独のクラブは、トッテナム全体を上回っていた。 

 そして87分という終盤に、エミル・フォルスベリが3点目を決めたことからも分かるように、ライプツィヒの選手たちは最後までテンションを落とさなかった。CLのベスト8に辿り着こうとする野心はむき出し。誰もがギラギラしていた。

 そのまま試合は3-0で終了し、ライプツィヒはクラブ史上初のCL準々決勝進出を果たす。ことトッテナムとの2ndレグに限れば、ベルフワインの離脱という事実がトリガーとなって、歴史が動いたのである。

(文:本田千尋)

【了】


【今シーズンの欧州CLはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

(文:○○ 取材協力:○○)

【了】

新着記事

↑top