リバプール、ジェラード&F・トーレスの時代。年間2敗でも頂点届かず…黄金期マンUに屈した悲運のチーム

プレミアリーグ発足後、一度も優勝できていないリバプールが頂点に肉薄した1年がある。ラファエル・ベニテス監督が率いていた2008/09シーズン、スティーブン・ジェラードとフェルナンド・トーレスという最強コンビを擁したチームは38試合で77得点という爆発的な攻撃力を発揮した。ところが年間2敗、勝ち点86を積み重ねても黄金期を謳歌するマンチェスター・ユナイテッドの3連覇を阻止できず。今回、フットボールチャンネルではアグレッシブで魅力溢れるサッカーを展開しながら、わずか4ポイント差に泣いた2008/09シーズンのリバプールの主力メンバーを紹介していく。

2020年03月25日(Wed)9時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

GK

ペペ・レイナ
【写真:Getty Images】

ペペ・レイナ(スペイン代表)
生年月日:1982年8月31日(当時26歳)
2008/09シーズンリーグ戦成績:38試合出場/27失点


【今シーズンのリバプールはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 スペイン代表では絶対的な地位を築くイケル・カシージャスの控えだったが、リバプールでは不動の守護神として君臨していた。リーグ最多77得点の攻撃力を発揮した一方、3番目に少ない27失点という堅守を支えたのはレイナの活躍があってこそ。ビッグセーブのみならず、的確なビルドアップでも後方からチームを支えた。PKストッパーとしても知られ、底抜けに明るい性格でロッカールーム内のムードメーカーとしての一面もある。2020年1月、アストン・ヴィラへ移籍して6年半ぶりのプレミアリーグ復帰を果たした。

【次ページ】DF

1 2 3 4 5

新着記事

↑top