フットボールチャンネル

日本代表 4年前

本田圭佑、日本代表歴代ポジション。オシム、ザッケローニ、ハリル…歴代指揮官に選ばれ続けた男のキャリア

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

アギーレ

0403daihyo2015
アジアカップ2015の基本フォーメーション

 ブラジルワールドカップ後に監督に就任したハビエル・アギーレは、4-1-4-1の布陣を採用している。トップ下がなくなったことで、本田は右サイドハーフにポジションを移した。アギーレが指揮を執った10試合すべてに出場した本田は、チームトップの4得点4アシストの数字を残している。

 15年1月のアジアカップでは、初戦から3試合連続ゴールを決めた。日本代表は3連勝でグループステージ突破を決めたが、準々決勝のUAE戦は120分で決着がつかずに延長戦へ突入。1人目のキッカーを務めた本田はPKを外してしまった。その後は4人連続で成功させたが、6人目の香川のキックがポストに直撃して失敗。日本代表はベスト16で大会を去ることとなった。

●アジアカップ2015の基本フォーメーション

▽GK
川島永嗣

▽DF
酒井高徳
吉田麻也
森重真人
長友佑都

▽MF
長谷部誠
遠藤保仁
香川真司
本田圭佑
乾貴士

▽FW
岡崎慎司

【次ページ】ハリルホジッチ

1 2 3 4 5

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!