ジェフ千葉、歴代最強外国籍選手5人。リトバルスキーにオッツェ、オシム時代の実力者たちも

1993年に開幕したJリーグは、今年で28年目を迎えた。その間、世界的なスター選手や素晴らしい素質を持った外国籍選手たちが活躍している。今回、フットボールチャンネルでは、ジェフ千葉で活躍した外国籍選手を5人紹介する。

2020年04月21日(Tue)7時15分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

西ドイツのスター

0421JEF1993
1993年の基本先発メンバー

ピエール・リトバルスキー(西ドイツ代表)
生年月日:1960年4月16日
在籍期間:1993年~94年
通算成績:63試合出場/10得点


【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ブンデスリーガで406試合に出場したリトバルスキーは、ケルンの象徴的存在だった。西ドイツ代表でも73試合に出場し、1990年のイタリアワールドカップ優勝に貢献。Jリーグが開幕する1993年にジェフユナイテッド市原にやってきた。

 細かいタッチで相手を抜き去るドリブルと、キックの精度は健在だった。93年の第2節ではヴェルディ川崎戦で直接FKを決め、満員の国立競技場でチームの勝利に貢献。左コーナーキックから直接ゴールを決めたプレーは、Jリーグ史に残る得点の1つになるだろう。

 94年限りで現役を引退したが、96年にブランメル仙台(現ベガルタ仙台。当時は2部相当のJFL)に選手兼コーチとして加入し、2年間プレーした。現役引退後は指導者の道に進み、横浜FCやアビスパ福岡などで監督を務めている。

●1993年の基本先発メンバー

▽GK
加藤好男

▽DF
影山雅永
阪倉裕二
宮澤ミッシェル

▽MF
吉田暢
越後和男
中西永輔
江尻篤彦
リトバルスキー

▽FW
パベル
新村泰彦

【次ページ】ジェフ唯一の得点王

1 2 3 4 5

新着記事

↑top