ブラジル代表、背番号10の系譜。リバウド、ロナウジーニョ、ネイマール、W杯で輝いたのは?

ブラジル代表は長きに渡ってサッカー界をけん引し、その輝かしい歴史の中で「10」という背番号のイメージも作り上げてきた。世界の覇権を争う舞台で重要な意味を持つ背番号を任された選手たちはどんな活躍を見せたのだろうか。直近のワールドカップ5大会でサッカー王国・ブラジルの背番号10を務めた選手たちを大会ごとに振り返る。※所属クラブは大会前時点、年齢は初戦時点のもの

2020年05月01日(Fri)8時15分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

日韓ワールドカップ

リバウド
【写真:Getty Images】

背番号10:リバウド(バルセロナ)
生年月日:1972年4月19日(当時30歳)
個人成績:7試合出場/5得点1アシスト

監督:ルイス・フェリペ・スコラーリ
戦績:優勝


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 1998年のフランスワールドカップにも出場し、ブラジル代表にとって欠かせない選手だったリバウドだが、日韓ワールドカップ直前の2001/02シーズンはクラブで苦しい1年を過ごしていた。バルセロナでハビエル・サビオラやパトリック・クライファートと超強力トリオを形成していたものの、リバウド自身は負傷に苦しめられて在籍5年目にして最低の成績に。

 リーグ戦で35試合出場23得点を叩き出した2000/01シーズンから打って変わって、2001/02シーズンは20試合出場8得点にとどまった。ブラジル代表でも南米予選に苦戦し、やっとの思いで日韓ワールドカップ出場権を獲得。2大会連続で背番号10を任されながら、逆境に晒されていた。

 ところがワールドカップ本大会が始まると、リバウドは大爆発。ロナウジーニョやロナウドとともに「3R」と呼ばれ、グループリーグから準々決勝のイングランド戦まで5試合連続ゴールと驚異的な活躍を披露する。

 そしてドイツと対戦した決勝でも、リバウドの強烈なシュートが鬼神の如きパフォーマンスを見せていたGKオリバー・カーンのミスを誘い、ロナウドの先制ゴールを演出。2点目の場面でも華麗なスルーでロナウドの追加点をお膳立てした。背番号10の復活に導かれ、ブラジル代表は5度目のワールドカップ制覇を果たすこととなった。

●決勝・ドイツ戦の先発メンバー

▽GK
マルコス

▽DF
ホッキ・ジュニオール
エジミウソン
ルシオ

▽MF
カフー
ジウベルト・シウバ
クレベルソン
ロベルト・カルロス

▽FW
リバウド
ロナウジーニョ
ロナウド

1 2 3 4 5

新着記事

↑top