アトレティコ・マドリード
【写真:Getty Images】

 新型コロナウイルス感染拡大の初期に開催されたチャンピオンズリーグ(CL)のリバプール対アトレティコ・マドリード戦の影響により、ウイルス感染による死亡者が41人増加したと算出されている。英紙『タイムズ』が24日に伝えた。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 CL決勝トーナメント1回戦2ndレグのリバプール対アトレティコは、リバプールの本拠地アンフィールドで今年3月11日に開催。英国ではウイルスによるスポーツイベントの全面中止前に行われた最後の大きな試合となった。

 イタリアやスペインなどではすでにウイルスが拡大しつつあり、試合の延期や無観客開催などの決断も下されていた時期だったが、ウイルスの到来がやや遅かったイギリスでは通常通りに試合を開催。スペインから渡航した約3000人のアトレティコサポーターを含む5万2000人以上の観客が入場していた。

 この試合は開催するべきではなかった、開催は誤りだったとする声が英国とスペインの両方から上がり、英国NHS(国民保健サービス)では試合がもたらした影響について調査も行っていた。ある種の数理モデルに基づいた計算によれば、この試合の開催により25~35日後に死亡者が41人増加したという結果が導き出されたとのことだ。

 イギリス国内では現在までに累計25万7000人以上の感染者と、3万6675人の死亡者が報告されている。一方スペインでは累計23万5000人以上が感染し、2万8678人が死亡したとされている。

【了】

新着記事

↑top