大迫勇也、再開後初先発でブンデス通算150戦目。現地メディアの評価は…

2020年05月27日(Wed)18時34分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

大迫勇也
【写真:Getty Images】

 ドイツ・ブンデスリーガ第28節のヴェルダー・ブレーメン対ボルシア・メンヒェングラッドバッハ(ボルシアMG)戦が現地時間26日に行われ、0-0のドローに終わった。ブレーメンの日本代表FW大迫勇也は先発で出場し、62分に交代するまでプレーしている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 新型コロナウイルスによる中断から再開後の2試合を含め、リーグ戦3試合連続で交代出場となっていた大迫。先発での出場は2月22日のボルシア・ドルトムント戦以来となった。

 地元メディア『ヴェーザー・クーリアー』では、大迫のパフォーマンスに対して採点「4」とチーム最低タイの評価(ドイツでは1から6までで数字が小さいほど高評価)。「主に10番のポジションでプレーし、全体的にしっかり仕事をしていた。ボール扱いは確かだった」とポジティブな面を挙げながらも、「決定的なアクセントは生み出せなかった」としている。

『ダイヒシュトゥーベ』では採点「3.5」。ブンデスリーガで通算150試合目の出場となったことにも言及し、「よく奮闘して起用に応えた」と評している。

 上位のボルシアMGから勝ち点1をもぎ取ることには成功したブレーメンだが、依然として状況は厳しい。残り7試合となった時点で自動降格圏の17位に位置している。

【了】

新着記事

↑top