Jリーグ、PCR検査センターを設立へ。「2週間に一度の検査体制を組んでいく」

2020年05月29日(Fri)19時35分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

村井満
【写真:Getty Images】

 Jリーグは29日、「第8回臨時実行委員会」の後にオンラインでのメディアブリーフィングを行った。会見に臨んだ村井満チェアマンは検査体制についても言及した。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 新型コロナウイルスの影響で中断となっていたJリーグ。J1の再開は7月4日に決定。J2の再開とJ3の開幕は6月27日からに決まった。当面の間は無観客での開催となるが、移動による感染リスクもある。JリーグはPCR検査による検査体制の導入を進めているようだ。

 村井チェアマンはPCR検査について「Jリーグに検査センターの位置付けを新たに設立するというか、Jリーグの中に検査の中心機能を用意して、全クラブ、レフェリー、関係者ができれば2週間に一度検査できる体制を組んでいこうと思っている」とコメントした。

 この検査センターの導入について村井チェアマンは「まず検査センターという概念は、Jリーグの組織の中に検査センターという部門を新たに設けると考えてもらいたい」と新部門の設立であると述べた。

 また、村井チェアマンはこのPCR検査センターで従事する職員について「こうしたPCR検査の実践経験のある方をベースに業務委託することになると思う。我々にノウハウがあるわけではないので、臨床の場で経験のある方をベースにチームを動かしていくことになると思う。我々が運営管理をしますが、具体的な内容は検査の専門家に委託することになると思っています」と話した。

【了】

新着記事

↑top