Jリーグ、7月のJ1は近隣クラブの対戦を優先。「地域間の移動がないように」

2020年05月29日(Fri)20時25分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

Jリーグの村井満チェアマン
【写真:Getty Images】

 Jリーグは29日、「第8回臨時実行委員会」の後にオンラインでのメディアブリーフィングを行った。7月のJ1の試合は近隣クラブ同士の対戦を優先的に行うようだ。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 新型コロナウイルスの影響で中断となっていたJリーグ。J1の再開は7月4日に決定。J2の再開とJ3の開幕は6月27日からに決まった。当面の間は無観客試合となるが、選手による移動リスクを考え、J1は近隣クラブ同士のカードを組むことになるようだ。

 会見に臨んだ村井満チェアマンは段階的な再開にした理由について「地域によって様々な違いがあった。つい最近まで緊急事態宣言があり選手も外に出ることなく自宅でトレーニングをしていた選手がすぐに全体練習をできるわけではなく、一定のインターバルが必要。J1には大都市を中心とするクラブの比重が高く、再開後の選手のコンディションを重視する見方が多かった。J2とJ3は地域差もあるが、待ち望んでくださっている方がたくさんいる。県外からの流入を気にしているところもあるが、J2とJ3においては早いタイミングからスタートできるという声が多く上がった」としている。

 今後の日程について村井チェアマンは「日程が確定しましたので、対戦相手のシミュレーションに入っていきます。考え方としてなるべく長距離移動が伴わないゲームを組んでいくことが必要だと思っている。7月のJ1は最初の複数節は地域間の移動がないようなゲームを組んでいきたいと考えています」と話し、再開後のJ1に関しては地域ごとにカードを組んでいくことになりそうだ。

【了】

新着記事

↑top