世界最高の右サイドバックは誰だ! RSB能力値ランキング1位~5位。激戦制しトップに立ったのは?(19/20シーズン確定版)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。※成績は4月1日時点

2020年06月01日(Mon)7時00分配信

シリーズ:19/20能力値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

5位:プレミア王者にやって来た攻撃的SB

ジョアン・カンセロ
ジョアン・カンセロの能力値や今季リーグ戦成績など【写真:Getty Images】

DF:ジョアン・カンセロ(ポルトガル代表/マンチェスター・シティ)
生年月日:1994年5月27日(26歳)
市場価格:4500万ユーロ(約54億円)
今季リーグ戦成績:11試合出場/0得点0アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ポルトガルの強豪であるベンフィカの下部組織で育ち、2014年に加入したバレンシアで頭角を現した26歳のDF。その後、インテル、ユベントスでプレーするなどセリエAを舞台に活躍していた同選手は、昨年夏にマンチェスター・シティへ移籍している。しかし、新天地ではイングランド代表DFカイル・ウォーカーの牙城をなかなか崩すことができず。ここまでリーグ戦出場は11試合に留まっているなど、やや苦戦を強いられている。

 そんなジョアン・カンセロであるが、持っている能力に関しては確かなものがある。特筆すべきは、アタッカー顔負けの攻撃センスと言えるだろう。ポルトガル人DFは非常に「テクニック」に長ける選手であり、平均以上の水準にある「スピード」を活かした「ドリブル」で個人でサイドを切り裂くことも可能。内側にポジションを取ってよりゴールに近い場所でプレーすることもあるなど、攻めの勢いを加速させることができる。

 そして、チームのビルドアップにおいても貢献するなど「パス」の質も申し分ない。狭いスペースにも鋭くボールを送り込む繊細さがあり、サイドを果敢に攻めがってから放たれるクロスの精度も年齢を重ねるごとに着実に増してきている印象だ。このあたりはポゼッションを基本とするシティでも十分通用する域にあると言えるだろう。また、右だけでなく左サイドも柔軟にこなすことができる点も、この男の魅力である。

 一方でマイナス評価となったのは「空中戦」。サイドバックとしては「守備力」もまだまだ物足りず、「IQ」の成熟度もさらに高めていきたいところ。このあたりは今後の成長に期待したい。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top