アルゼンチン代表メンバー予想! もし今年コパ・アメリカが開催されていたら…メッシが活きる前線の構成は?

今年行われる予定だったコパ・アメリカ2020(南米選手権)は、非常に残念ながら、新型コロナウイルスの影響で延期となってしまった。14度の優勝を誇るアルゼンチン代表は前回大会で3位に終わっており、南米王者を決めるこの大会で雪辱を期すつもりだったに違いない。そこで今回は、もしコパ・アメリカが行われていたら、アルゼンチン代表メンバーはどんな面々となっていたのかを予想する。

2020年06月11日(Thu)7時10分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

GK

0611Andrada_getty
【写真:Getty Images】

エステバン・アンドラダ(ボカ・ジュニアーズ/今季成績:20試合7失点)

 2018年のロシアワールドカップを戦ったアルゼンチン代表は、グループステージでクロアチアに0-3というスコアで大敗を喫し、優勝したフランスにラウンド16で敗れた。大会後にホルヘ・サンパオリ監督は退任し、リオネル・スカローニが暫定監督を経て正式に監督に就任している。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 昨年のコパ・アメリカでもグループステージで大苦戦。コロンビアには完敗し、パラグアイにも勝てなかった。カタールに勝利してかろうじて決勝トーナメントに進んだが、準決勝でブラジルに敗れている。チリとの3位決定戦には勝利したが、前半にリオネル・メッシが退場になるという後味の悪い試合となった。

 GKはセルヒオ・ロメロとウィリー・カバジェロが代表から離れ、昨夏のコパ・アメリカで全試合に先発したアルマーニも直近4試合では招集されていない。ここ6試合でゴールマウスを守った2人が今夏のコパ・アメリカでゴールマウスを守っていた可能性が高いだろう。

 アウグスティン・マルチェシンは今季からプレーするポルトで、イケル・カシージャスの代役として正GKを務めている。18年11月には7年ぶりに代表でもプレーし、それ以降も出場機会を与えられている。

 ボカ・ジュニアーズのリーグ優勝に貢献したエステバン・アンドラダも候補の1人。代表では19年3月にデビューしたばかりだが、194cmの長身GKには欧州のビッグクラブも関心を示しているという。今季のリーグ戦20試合に出場してわずか7失点。リーグ最少失点をマークしたチームの守護神の活躍を期待したい。

【次ページ】CB

1 2 3 4 5 6

新着記事

↑top