19/20プレミアリーグワーストイレブン。低迷アーセナルからは最多の…期待を裏切った選手たち

圧倒的な強さを示したリバプールの優勝で幕を閉じた2019/20シーズンのプレミアリーグ。今季も最後まで熱い戦いが繰り広げられたが、その中で思ったような活躍を見せることができず、期待を裏切ってしまったのは誰なのか。今回はフットボールチャンネル編集部が選んだ2019/20シーズンのプレミアリーグワーストイレブンを紹介する。(市場価格は『transfermarkt』を参照)

2020年07月28日(Tue)9時10分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

GK

ケパ・アリサバラガ
【写真:Getty Images】

ケパ・アリサバラガ(スペイン代表/チェルシー)
生年月日:1994年10月3日(25歳)
市場価格:3200万ユーロ(約38億4000万円)
今季リーグ戦成績:33試合出場/47失点


【今シーズンのプレミアリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ケパ・アリサバラガは、2018年夏にティボー・クルトワの後釜としてチェルシーに加入。その時の移籍金は8000万ユーロ(約96億円)で、これはGK史上最高額となった。その後、スペイン代表守護神はレギュラーとして奮闘。プレミアリーグ参戦1年目で36試合に出場し39失点という成績を収め、ヨーロッパリーグ(EL)優勝にも貢献していた。

 しかし、今季は開幕から失点が重なるなどフランク・ランパード監督からの信頼はどんどん薄れていき、シーズン途中、そして重要な最終節ではウィリー・カバジェロに正守護神の座を奪われていた。最終的にチームが喫した失点数は54、ケパのセーブ率はプレミアリーグで20試合以上に出場したGKの中で最低の数字となる54.5%だった。もちろん、すべての責任がケパにあるわけではないが、やはり物足りない成績と言えるだろう。ケパの不調はチームの悩みの種となってしまった。

【次ページ】DF

1 2 3 4 5

新着記事

↑top