アタランタのガスペリーニ監督、勝利目前での敗戦に悔しさ露わ。「準決勝に近づいていた」【欧州CL】

2020年08月13日(Thu)22時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

ジャン・ピエロ・ガスペリーニ
【写真:Getty Images】

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝で惜しくもパリ・サンジェルマン(PSG)に敗戦を喫したアタランタのジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督が悔しさを露わにしている。『スカイスポーツ・イタリア』が現地時間12日に伝えている。

【今シーズンの欧州CLはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 一発勝負での準々決勝に臨んだアタランタ。26分にマリオ・パシャリッチのゴールで先制。その後、試合はアタランタの1点リードで進んでいたが、90分にPSGのDFマルキーニョスが同点ゴール。後半ATにFWエリック・マキシム・シュポ=モティングに劇的逆転弾を決められ、アタランタは準々決勝敗退となった。

 後もう一歩のところで準決勝進出を逃したアタランタを率いるガスペリーニ監督は『スカイスポーツ・イタリア』の試合後のインタビューでPSG戦について話している。ガスペリーニ監督は試合について「我々はいくつか危険な場面を作っていた。だが結果、我々はチャンスをものにできなかった」と話した。

 また、ガスペリーニ監督は「我々はとても失望している。なぜなら、我々は準決勝に近づいていた。しかし、それは並大抵なものではなく、いつも同じだ。チームとして来季は成長する」とコメントし、試合終了間際までリードしていたチームの準決勝進出が見えていたようだ。

 惜しくも準決勝進出を逃したアタランタ。来季のさらなる飛躍を期待したい。

【了】

新着記事

↑top