乱闘騒ぎで退場した5人の処分決定。人種差別疑惑&唾吐き疑惑も調査へ

2020年09月17日(Thu)11時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

PSG
【写真:Getty Images】

 フランス・プロリーグ機構(LFP)が16日、乱闘騒ぎで退場した5人の処分について発表した。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 事の発端は、現地時間13日に行われたリーグアン第3節のマルセイユ戦。0-1で迎えた後半アディショナルタイム、両チームの選手が入り乱れての乱闘騒動が勃発し、PSGのライヴィン・クルザワ、レアンドロ・パレデス、ネイマール。マルセイユのジョルダン・アマビ、ダリオ・ベネデットが退場している。

 一番重い処分を受けたのはクルザワで6試合の出場停止処分に。他のPSGの選手に関しては、ネイマールとパレデスが2試合の出場停止処分となっている。マルセイユ側に関しては、アマビが3試合の出場停止処分で、ベネデットが1試合の出場停止処分だ。また、アルバロがネイマールに対して人種差別行為を行なった疑惑や、PSGのアンヘル・ディ・マリアが唾吐き行為を行なった疑惑についても調査が行われることになった。

【了】

新着記事

↑top