ケビン・デ・ブルイネ、ロベルト・レバンドフスキ、マヌエル・ノイアー
【写真:Getty Images】

 欧州サッカー連盟(UEFA)は、2019/20シーズンの年間最優秀選手候補にバイエルン・ミュンヘンのFWロベルト・レバンドフスキとGKマヌエル・ノイアー、およびマンチェスター・シティのMFケビン・デ・ブルイネの3人がノミネートされたことを発表した。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 候補の選出は、昨季チャンピオンズリーグ(CL)およびヨーロッパリーグ(EL)に出場した計80チームの監督と、UEFA加盟55協会から選ばれた55人のジャーナリストで構成される審査委員会が担当。投票によるポイント数の上位3選手が最終候補として発表されている。

 デ・ブルイネは昨季プレミアリーグで史上最多タイ記録となる20アシストを記録してリーグ年間MVPも受賞。レバンドフスキとノイアーはともにバイエルンのCL優勝やブンデスリーガ優勝を含めた3冠達成に貢献した。

 昨年はリバプールをCL優勝に導いたDFフィルジル・ファン・ダイクがUEFA年間最優秀選手賞を受賞。レバンドフスキ、ノイアー、デ・ブルイネは誰が受賞しても初受賞となる。受賞者は10月1日に開かれる2020/21CLグループステージ組み合わせ抽選会のセレモニーで発表される。

 また、今年から新設の年間最優秀監督賞候補3人も発表された。バイエルンのハンジ・フリック監督、リバプールのユルゲン・クロップ監督、RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督と、3人のドイツ人監督がノミネートを独占している。

【了】

新着記事

↑top