リバプールの南野拓実、2得点1アシストの大活躍でチーム最高評価! 無尽蔵のスタミナも発揮「ファンタスティックな一面を見せた」【リーグ杯】

2020年09月25日(Fri)7時27分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

南野拓実
【写真:Getty Images】

【リンカーン・シティ 2-7 リバプール リーグ杯3回戦】

 リーグ杯3回戦、リンカーン・シティ対リバプールの試合が現地時間24日に行われ、リバプールが7-2の勝利をおさめている。この試合で、リバプールに所属する南野拓実は2得点1アシストを記録した。その活躍を受けて、英紙『エクスプレス』は南野にチーム最高評価を下している。

【今シーズンの南野拓実はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 南野は先発出場。9分、シェルダン・シャキリがフリーキックから直接ゴールを決めてリバプールに先制点が入る。18分には、南野がゴール真正面から右足を振り抜いて追加点。さらに32分、カーティス・ジョーンズもチーム3点目を決めた。

 直後の36分にも再びジョーンズが得点し、46分には南野がこぼれ球を押し込みチーム5点目を決める。60分にリンカーンのアデタヨ・エドゥンに1点を返されたが、65分にマルコ・グルイッチが得点し点差を広げる。66分に失点したものの、89分には南野からパスを受けたディボック・オリギがゴールを決め、リバプールが7-2の勝利をおさめている。

 同紙はリバプール所属選手の採点を掲載。フル出場を果たした南野に10段階中「9.0」の数字をつけ、チーム最高評価を下している。寸評では「日本人がファンタスティックな一面を見せた。走ることをやめず、リンカーンを困らせ続けた」とコメントしている。その他では、先制点を決めたシェルダン・シャキリや2得点決めたカーティス・ジョーンズに「8.0」の採点。マルコ・グルイッチやヴィルギル・ファン・ダイクに「7.0」の点数をつけ、それ以外の選手には「6.0」の評価を下している。

【了】

新着記事

↑top