欧州サッカー選手活躍度ランキング。ハメス・ロドリゲスは新天地で躍動! 世界最高の活躍を見せたのは? (9月版・16位~20位)

フットボールチャンネル編集部では、欧州主要リーグで活躍した選手のランキングを月ごとに作成。今回は9月の16位~20位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。(データは『Whoscored.com』を参照)

2020年10月15日(Thu)6時00分配信

シリーズ:20/21活躍度ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

20位:セビージャの右サイドを支配するベテラン

1015JesusNavas
ヘスス・ナバスの今季リーグ戦成績など【写真:Getty Images】

DF:ヘスス・ナバス(スペイン代表/セビージャ)
生年月日:1985年11月21日(34歳)
9月成績:リーグ戦1試合出場/0得点1アシスト
UEFAスーパーカップ1試合出場/0得点0アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 昨シーズンから指揮を執るフレン・ロペテギ監督の下、ヘスス・ナバスは右サイドバックとしてキャリアの後半戦を謳歌している。昨年はスペイン代表にも復帰しており、34歳を迎えてなお、パフォーマンスは衰えていない。

 初戦となったカディス戦では同点ゴールをアシスト。マッチアップした2人の相手のチェックを外し、ルーク・デヨングの頭に正確なクロスを通した。バイエルン・ミュンヘンとのUEFAスーパーカップでもフル出場。チームは延長戦の末に惜しくも敗れたが、今季も右サイドで躍動する姿を見せている。 

19位:フェイエノールトの10番

1015Berghuis
ステフェン・ベルハイスの今季リーグ戦成績など【写真:Getty Images】

FW:ステフェン・ベルハイス(オランダ代表/フェイエノールト)
生年月日:1991年12月19日(28歳)
9月成績:リーグ戦3試合出場/4得点1アシスト

 ステフェン・ベルハイスは昨シーズン同様、開幕から好調だ。昨季は途中からキャプテンマークを巻き、15得点をマーク。今季も開幕から4試合連続ゴールと手を付けられない。

 2-0で勝利したズヴォレとの開幕戦では全得点を挙げた。5分に中央からミドルシュートを叩き込み、68分にはPKを成功させている。続くトゥウェンテ戦ではPKを失敗したが、こぼれ球を押し込もうとした際に倒されて再びPKのチャンスを得ると、2度目は成功させて同点としている。

 デン・ハーグ戦ではコーナーキックから同点弾をアシストすると、試合終盤にPKを成功させて点差を2点に広げた。9月は3試合に出場して4得点1アシストをマーク。ベルハイスは10月初戦のヴィレム戦でも2得点を挙げ、チームは3勝1分と好スタートを切っている。 

18位:好調アストン・ビラの柱

1015Mings
タイロン・ミングスの今季リーグ戦成績など【写真:Getty Images】

DF:タイロン・ミングス(イングランド代表/アストン・ビラ)
生年月日:1993年3月13日(27歳)
9月成績:リーグ戦2試合出場/1得点1アシスト
リーグカップ1試合出場/0得点0アシスト

 開幕3連勝と最高のスタートを切ったアストン・ビラで、タイロン・ミングスは攻守に渡って活躍している。9月はリーグ戦2試合に出場し、いずれの試合も得点に絡んでいる。

 シェフィールド・ユナイテッドとの開幕戦では決勝点をアシスト。CKを頭で逸らし、エズリ・コンサのゴールをお膳立て。フラム戦ではFKを合わせて3点目を決めた。両試合ともゴール前で体を張り、クリーンシート(無失点)達成にも貢献している。

 19年冬に加入してアストン・ビラの昇格に貢献し、イングランド代表にまで上り詰めたミングスは、今季もセンターバックの柱として攻守にわたって活躍することになりそうだ。 

17位:恩師と再タッグ

1015James
ハメス・ロドリゲスの今季リーグ戦成績など【写真:Getty Images】

MF:ハメス・ロドリゲス(コロンビア代表/エバートン)
生年月日:1991年7月12日(29歳)
9月成績:リーグ戦3試合出場/1得点1アシスト
リーグカップ1試合出場/0得点1アシスト

 レアル・マドリードで苦しい1年を過ごしたハメス・ロドリゲスは、レアルとバイエルン・ミュンヘンで良好な関係を築いていた恩師カルロ・アンチェロッティの下で再起を図ることとなった。

 開幕戦から攻撃を司り、トッテナム撃破に貢献した。5-2と大勝したウエストブロム戦ではボックスの外からミドルシュートで移籍後初ゴールをマーク。後半にも浮き球のパスでリシャルリソンのゴールをアシストするなど、圧巻のパフォーマンスを見せた。

 エバートンは今季ここまで公式戦7戦全勝で、プレミアリーグでは首位に立っている。リシャルリソンとドミニク・キャルバート=ルーウィンという2人のアタッカーを活かすハメス・ロドリゲスという存在が、その好調を支えている。 

16位:躍動する一昨季のアシスト王

1015Savanier
テジ・サヴァニエの今季リーグ戦成績など【写真:Getty Images】

MF:テジ・サヴァニエ(フランス/モンペリエ)
生年月日:1991年12月22日(28歳)
9月成績:リーグ戦4試合出場/3得点1アシスト

 リーグ・アン初挑戦となった18/19シーズンに最多アシストをマークしたテジ・サヴァニエ。昨季からプレーするモンペリエで、今季はスコアラーとしての一面ものぞかせている。

 サヴァニエはリヨン撃破の立役者になった。PKを成功させて先制すると、クロスボールを絶妙なトラップで受けてゴールへ流しこみ、貴重な追加点を奪った。ニース戦では鋭く曲がるCKでアシストをマーク。右足のキックの精度は高く、モンペリエではPKのキッカーも任されている。

 チームは9月の4試合を3勝1分で終えた。下部組織時代を過ごしたモンペリエで、トップ下のサヴァニエは開幕から重要な働きを見せている。

【了】

新着記事

↑top