中島翔哉の同僚が連続ゴール! 世界最高の活躍を見せたMFは? MF活躍度ランキング1〜5位(9月版)

フットボールチャンネル編集部では、欧州主要リーグで活躍した選手のランキングを各ポジションで月ごとに作成。今回は9月の1位~5位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。(データは『Whoscored.com』を参照)

2020年10月26日(Mon)6時00分配信

シリーズ:20/21活躍度ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

5位:中島翔哉の同僚

1026Oriveira
セルジオ・オリベイラの今季リーグ戦成績など【写真:Getty Images】

MF:セルジオ・オリベイラ(ポルトガル代表/ポルト)
生年月日:1992年6月2日(28歳)
9月成績:リーグ戦2試合出場/2得点1アシスト

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 昨季の序盤は足首の負傷で欠場が続いたセルジオ・オリベイラだが、今季は開幕から元気にプレーしている。開幕から2戦連発と好調で、チームも9月は連勝という滑り出しとなった。

 ブラガとのオープニングゲームは先制される苦しい展開となったが、オリベイラがヘディングから同点弾を奪い、逆転勝利のきっかけを作った。

 続くボアヴィスタ戦も前半をスコアレスで終える苦しい流れだったが、後半はポルトのゴールラッシュとなった。オリベイラは直接FKで2点目を挙げると、浮き球のパスで3点目を演出。中島翔哉が出遅れたポルトで、オリベイラはインサイドハーフで攻撃のキーマンとなっている。

4位:スペイン代表でもデビュー

1026Merino
ミケル・メリーノの今季リーグ戦成績など【写真:Getty Images】

MF:ミケル・メリーノ(スペイン代表/レアル・ソシエダ)
生年月日:1996年6月22日(24歳)
9月成績:リーグ戦4試合出場/0得点2アシスト

 オサスナで将来を嘱望されたミケル・メリーノは、ドイツとイングランドで経験を積み、生まれ育ったナバラ州の隣にあるバスク州のレアル・ソシエダの主力としてプレーしている。

 同じポジションにはダビド・シルバが加入したが、メリーノは開幕から先発出場を続けている。第3節のエルチェ戦では2アシストをマーク。ポルトゥに正確なパスを通して先制点を演出すると、試合終了間際にはロベルト・ロペスにスルーパスを供給してダメ押しの3点目につなげた。

 9月にはスペイン代表デビューも果たし、10月のスイス代表戦では初アシストもマークした。ソシエダではドルトムント時代に果たせなかった欧州デビューもしており、今季はUEFAヨーロッパリーグでの活躍も期待される。

3位:高性能の右足

1015Savanier
テジ・サヴァニエの今季リーグ戦成績など【写真:Getty Images】

MF:テジ・サヴァニエ(フランス/モンペリエ)
生年月日:1991年12月22日(28歳)
9月成績:リーグ戦4試合出場/3得点1アシスト

 リーグ・アンで初めてプレーしたのは26歳と遅咲きのテジ・サヴァニエ。リーグ・アンでは2シーズン続けて6得点を挙げているが、今季はすでにその半分の3得点に達している。

 リヨン戦ではPKを成功させ、追加点を挙げて金星奪取の立役者となった。ニース戦ではCKからアシストをマーク。ディジョン戦では試合終了間際にPKを成功させて試合を引き分けに持ち込んでいる。

 モンペリエではセットプレーのキッカーを任され、今季はPKを2度とも成功させている。右足から放たれる精度の高いキックはモンペリエの貴重な得点源になっている。

2位:休まない男

1006Kmmich
ヨシュア・キミッヒの今季リーグ戦成績など【写真:Getty Images】

MF:ヨシュア・キミッヒ(ドイツ代表/バイエルン・ミュンヘン)
生年月日:1995年2月8日(25歳)
9月成績:リーグ戦2試合出場/1得点2アシスト
UEFAスーパーカップ1試合出場/0得点0アシスト
DFBスーパーカップ1試合出場/1得点0アシスト

 昨季のUEFAチャンピオンズリーグを制したバイエルン・ミュンヘンの試合には常にヨシュア・キミッヒがいる。「いつ彼に休みを与えようかといつも考えているが、彼は常にピッチにいようとするんだ」とハンス=ディーター・フリック監督も感嘆するほどだ。

 8-0でシャルケを圧倒したブンデスリーガ開幕戦では、攻撃面での活躍が光った。浮き球のパスでセルジュ・ニャブリの先制点をアシストすると、後半にはレロイ・ザネに正確なスルーパスを通して7点目をアシストしている。

 ホッフェンハイム戦では見事なコントロールショットを決めると、ボルシア・ドルトムントとのDFBスーパーカップでは決勝ゴールを挙げている。

1位:アタランタの象徴

1006PapuGomez
アレハンドロ・ゴメスの今季リーグ戦成績など【写真:Getty Images】

FW:アレハンドロ・ゴメス(アルゼンチン代表/アタランタ)
生年月日:1988年2月15日(32歳)
9月成績:リーグ戦2試合出場/3得点2アシスト

 近年躍進著しいアタランタは今季も破壊力のある戦いを見せている。ここまで公式戦の平均得点は3点を上回り、主将を務めるアレハンドロ・ゴメスは常にその中心にいる。

 トリノとの開幕戦では正確なラストパスと豪快な右足のミドルシュートで勝利へ導いた。続くラツィオ戦では両足で1点ずつをマーク。9月は2試合で3得点2アシストという圧倒的なスタッツを残している。

 167cmという小柄な身体に備わる無尽蔵のスタミナでピッチを動き回り、確実にボールを収めて正確なキックでチャンスを作り続ける。32歳となった今季も、アタランタの象徴として活躍している。

【了】

新着記事

↑top