フロリアン・ノイハウス
【写真:Getty Images】

 先週行われたチャンピオンズリーグ(CL)初戦でインテルと対戦し、アウェイで勝ち点1を獲得したボルシア・メンヒェングラッドバッハ(ボルシアMG)。一旦はリードを奪った勝ち越しゴールへのアシストは非常に美しいものだった。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 グループB第1節のインテル対ボルシアMG戦は21日に開催。前半を両チーム無得点で折り返したあと、49分にはロメル・ルカクのゴールでインテルが先制したが、ボルシアMGもPKで同点に追いついた。

 そして1-1で迎えた84分。自陣内の中央付近で味方選手から下げられたパスを受けたドイツ代表MFフロリアン・ノイハウスはダイレクトで一気に最前線までグラウンダーのパスを通す。ピッチを切り裂くという表現がまさにピッタリのボールは、両チームの選手たちが入り乱れるピッチ上を滑り抜けて一瞬でMFヨナス・ホフマンをゴール前に送り込んだ。名手サミル・ハンダノビッチの股間を抜いて冷静に1対1を沈めたホフマンもお見事だった。

 このゴールで逆転したボルシアMGはアウェイでの勝利を掴みかけたが、終了間際にはルカクに2点目を奪われて結局はドロー。だが大会公式ツイッターアカウントでは「とんでもないパス。今季最高のアシスト?」とコメントを添えてこの場面の動画を紹介している。

1 2

新着記事

↑top